ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の手数料をわかりやすくご紹介!相場と比較して高い?

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の手数料をわかりやすくご紹介!相場と比較して高い? 過払い金の知識

ベリーベスト法律事務所に過払い金請求を依頼した場合、手数料はどれくらいかかるのでしょうか。弁護士に手数料として支払うお金のほかに、どんな費用がかかるのかも気になります。また、過払い金は裁判で請求する場合と、示談交渉で請求する場合がありますが、方法の違いで費用に違いがあるのでしょうか。ベリーベスト法律事務所に依頼して過払金を請求した場合の気になる手数料とその他の費用などについて解説します。

過払い金請求実績の豊富な中央事務所

中央事務所とは、過払い金など借金問題に特化した司法書士事務所です。比較的新しい事務所ですが、テレビやラジオで聞くことが増え認知度が一気に高くなりました。過払い金や借金に特化しているため、初期費用や着手金、相談料が無料なほか、家族にもバレないようプライバシー管理は厳重です。

司法書士法人中央事務所

信頼のできる中央事務所を選ぶことで、余計な費用をかけずに過払い金を取り戻すことができるのです。また、電話一本で相談できる手軽さなので、利用しやすい点もメリットといえるでしょう。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の手数料(完済した方)

弁護士事務所や、司法書士事務所に依頼する場合の過払い金請求の手数料には、相談料・着手金・解決報酬・成功報酬・事務手数料があり、事務所により相場よりも上下したり、あるいは費用の一部を無料としているようなこともあります。

ベリーベスト法律事務所は、過払い金の請求について、原則として返還された中から費用を支払う仕組みとしており、完済後に過払い金請求をする場合と、借金がある債権者に過払い金をする場合とで、成功報酬が異なります。

また、ベリーベスト法律事務所では、過払い金請求の手数料に、完済した場合と、借金をしている債権者に対して過払金請求をした場合とで成功報酬に特に違いがあります。

相談料 0 無料
過払い金調査料 0 無料
手数料 0~ 
解決報酬金(1社あたり) 2万2000円(税込)
過払い報酬金
 取り戻した過払い金の22%
(裁判ありの場合27.5%)
事務手数料 4万4,000円(税込)/1案件につき

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の相談料

過払い金請求の相談は、何度相談しても無料です。納得いくまで費用の心配をせずに相談することができます。

過払い金請求の調査費用

過払い金請求をする場合、過去にした借金をいつから借りたか、いつ返し終わったか、借りた金額はいくらかなどの詳しい調査や、過払い金の額の計算が必要です。これら調査の費用も無料です。

過払い金請求の着手金

過払い金請求の着手金、つまり案件に取り組む前に支払う費用は、ベリーベスト法律事務所では公表されていません。手数料とされるのが着手金にあたるものではないかと考えられます。ベリーベスト法律事務所では返金された過払い金から費用を払うのを基本としているので、着手金に当たるものは原則としてないようです。

成功報酬(基本報酬金)

成功報酬のうち、過払い金の回収額にかかわらず支払う報酬を基本報酬金といいます。ベリーベスト法律事務所では、解決報酬金と呼んでいるようです。成功報酬は、日本弁護士会連合会の定めている「債務整理事件処理の規律を定める規程」によって上限額が定められてこれがおおむね「相場」と考えられています。基本報酬金は、上限が20,000円とされています。ベリーベスト法律事務所も基本報酬金は税込で22,000円としており、規程の上限にしたがっているようです。

成功報酬(過払い報酬金)

ベリーベスト法律事務所の過払い金報酬額は、22%(訴訟なし)または27.5%(訴訟あり)と設定されています。これは、実際に回収した過払い金の額から支払う成功報酬で、基本報酬金が回収金額を問わないのに対して、回収金額によって上下します。

過払い報酬金も日弁連の定めている「債務整理事件処理の規律を定める規程」によって上限額が定められています。規程では「訴訟によらない場合回収額の20%以下。 訴訟による場合回収額の25%以下」が上限です。

ベリーベスト法律事務所は、10%の消費税を抜いて考えると、20%(訴訟なし)または25%(訴訟あり)となるので、規程の上限額を過払い金報酬としているようです。

その他の実費

過払い金の請求には、交渉や、裁判所に対する書類の送付や、場合によっては交通費などの実費がかかります。

ベリーベスト法律事務所の場合、「事務手数料」が設定され、1件当たり44,000円(税込)です。事務手数料が実費とは別に支払うべき費用であるか、実費相当なのか、詳しいことは非公表のようです。

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の手数料(返済中の方)

借金を現在返済中の方が過払い金の返還請求をする場合、ベリーベスト法律事務所の手数料は以下の通りです。

ベリーベスト法律事務所は、過払い金の請求について、原則として返還された中から費用を支払う仕組みとしていますが、借金がある債権者に過払い金の請求をする場合は債務整理の場合と同様に減額できた借金の額をベースに成功報酬を決めることとしています。

相談料 0 無料
過払い金調査料 0 無料
手数料 0~ 
解決報酬金(1社あたり) 2万2000円(税込)
過払い報酬金
 減額できた額の11%
事務手数料 4万4,000円(税込)/1案件につき

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の相談料

相談料は、この場合も0借金がある場合でも何度でも無料ですることができます。

過払い金請求の調査費用

調査費用も、借金がある場合も変わらず無料です。

着手金

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の着手金は公表されず、手数料とされているのが着手金に相当すると思われます。0円から負債の額に応じるとあるので、借金がある場合、着手金がかかることが考えられます。なお、弁護士の着手金の債務整理や過払い金請求での相場は0~4万円とされていますので、1社あたりこの額を目安にするとよいのではないかと考えられます。

成功報酬(基本報酬金)

基本となる成功報酬は、2万2,000円(税込)とされており、借金がある場合の過払い金請求でも同じです。回収金額にかかわらず、定額の報酬として設定されています。

成功報酬(過払い報酬金)

過払い報酬金は、金額に比例して発生する報酬ですが、減額された借金の11%とされています。完済している場合、過払い金は最終的に請求をした人の口座に振り込まれることになります。借金をしている場合には、返ってきた過払い金の額だけ借金が減ることとなり、手元にはお金が返金されません。さらに債務整理となる場合交渉により借金の額を減らすことが考えられます。こうした違いを反映して過払い報酬が決められています。

その他の実費

過払い金の請求には、交渉や、裁判所に対する書類の送付や、場合によっては交通費などの実費がかかり、借金がある場合の過払い金請求も同様にこれらの実費がかかります。

ベリーベスト法律事務所の場合、「事務手数料」が設定され、1件当たり44,000円(税込)です。実費と事務手数料の関係は先ほどご紹介したように、公表情報では説明されていません。

ベリーベスト法律事務所の手数料の支払方法【分割払いは可能?】

ベリーベスト法律事務所では返ってきた過払い金から報酬を支払うことが基本とされているため、後払いが可能です。また、ベリーベスト法律事務所では分割払いにも対応していることがホームページでも明確に書かれています。過払い金が借金の返済に充てられ、返ってこない場合、費用が心配なら分割払いの相談をしてみるとよいでしょう。

https://loosedrawing.com/illust/0796/

過払い金請求するなら比較的リーズナブルな事務所がおすすめ

過払い金請求をするなら、多くの額が返金され、なおかつ費用がリーズナブルであれば満足度も高いと考えられます。しかも、返金の前にはどれくらい返るのかわからないので、できることなら着手の前に支払うお金は抑えたいところです。費用をリーズナブルに抑えるなら次の点に着目して事務所選びをしてみましょう。

・相談を無料に抑えられるか

・着手金があるかどうか

・成功報酬がリーズナブルか

また、弁護士事務所に依頼するよりも、司法書士事務所に依頼したほうが一般的には費用が抑えやすい傾向にあります。司法書士の場合着手金・基本報酬金の合計が50,000円までという日本司法書士会連合会が定めた規定(「債務整理事件における報酬に関する指針」)がありますが、弁護士は着手金の上限がないためです。

日本弁護士会連合会・日本司法書士会連合会のそれぞれの過払い金の報酬に関するルールの比較表は次の通りです。それぞれこの表が相場、と考えられています。

 弁護士司法書士
着手金上限なし1社20,000円
解決(定額)報酬1社20,000円1社50,000円
(ただし、着手金込み)
債務の減額報酬10%10%
過払い報酬金
(裁判なし)
20%20%
過払い金報酬金
(裁判あり)
25%25%
(表内の金額はすべて税別)

司法書士事務所 中央事務所の費用

司法書士の多数の中小の事務所は、報酬規定どおり、つまり「相場」に実費がかかるという費用の内訳とみられます。これに対して、業界でも最大手の1つ、中央事務所の場合は、完全成功報酬制で、着手前の費用は掛かりません。着手金もありません。初期費用は一切必要なく、返金された過払い金の中から、基本報酬金と過払い金報酬が引かれて、戻ってくるという料金体系です

よって、過払い金が戻ってこなかった場合は料金が発生しないので、依頼してむしろ損をすることはない、仕組みになっています。

ベリーベスト法律事務所の過払い金請求の口コミ【知恵袋】

Yahoo 知恵袋で、ベリーベスト法律事務所の口コミを見てみると、過払い金請求の対応に満足した人・そうでない人両方がいるようです。

対応は感じが良かった

昨年の12月にベリーベストに過払い請求を依頼しましたよ。

ベリーベストには弁護士がたくさんいるみたいなので担当してくれる人にもよると思いますが、私の場合、担当の女性弁護士さんが感じのいい人でした♪

私もネットでいろいろ調べて10ヶ所くらい電話したのですが、対応はここが一番良かったかも。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373341388

口コミを投稿した人は、過払い金を返してもらえたとのことで、結果にも満足のようです。

どんどん話を進められた

相談だけのつもりがどんどん話を進めていくし電話だけで話が終り書類を後日送るので送り返して終わりのようです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1280010272?__ysp=44OZ44Oq44O844OZ44K544OI44CA6YGO5omV44GE6YeR

口コミはさらに続いて、実費に関する説明についても少し不満のようです。ベリーベスト法律事務所では、「事務手数料」が定額表示されているにとどまり、実費についての説明を一律にホームページ等で公表していないようなので、依頼の前に実費はよく確認することをおすすめします

記事まとめ

ベリーベスト法律事務所に過払い金の請求を依頼した場合、成功報酬はおおむね相場のとおりと考えられます。しかし、事務手数料は44,000円と実費としてかかる金額より少し高めと考えられ、トータルで見ると少し他の事務所よりも高くなる可能性があります。司法書士に依頼すると一般的にはもう少し費用を抑えられる可能性も考えておくとよいでしょう。

また、実費と事務手数料の関係・着手金など、ベリーベスト法律事務所の公表情報では少し明確でないと思われる点については、十分依頼前に説明を受けるようにして、納得の上で依頼することがポイントです。