【過払い金】知恵袋で言われているデメリットは本当?

知恵袋で言われているデメリットは本当? 過払い金ニュース

過払い金請求は、CMではメリットばっかりが宣伝されていますが、信用できないですよね。良い面だけでなくデメリットもあるはずだと思う方が多いでしょう。業者の宣伝ではなく、実際に過払い金請求した人の実情を知りたいですよね。この記事では、知恵袋で言われている過払い金のデメリットをまとめて紹介していきます。

知恵袋には真実が書いてある?

知恵袋は「インターネットで検索しても自分が探している答えがない。答えを知っている人に教えてほしい」という方が利用するサービスです。過払い金に関しても、探してすぐに見つかるホームページに載っている体験談ではなく、「実際に利用して感じたデメリット」を求めて知恵袋を見ている方も多いのではないでしょうか。知恵袋には、実際に利用した人の飾らない感想が聞けるというメリットがあります。

また、「過払い金請求をするかしないか」、「どの事務所に依頼するのか」といった悩みには、明確な答えはありません。これらを決断するために、知恵袋で複数の人の回答を参考にすることで、より良い結論を得られる、不安が少し解消されるといったメリットがあります。

知恵袋の注意点

一方知恵袋には、注意しなければならないもあります。

情報が古い可能性がある

知恵袋は2005年にスタートしたサービスで、検索すると過去の質問も今現在の質問も一緒に表示されます。最新の情報もありますが、それに混ざって昔の情報が載っています。

また、知恵袋で回答数の多い年代は40代です。自分の知っている情報があれば、昔の情報でも経験として、回答している場合があります。たとえ5年前、10年前の経験を今、経験したかのように回答していたとしても我々はそれを見分けることはできません。

特に、過払い金請求においては、数年単位で制度は変わっているので、最新の情報を見分けることが重要です。

本音を書く人と建前を書く人と両方いる

知恵袋は、実際の声を知ることのできる場所ではありますが、一方で建前や真実でない情報を回答する人もいます。

例えば「デメリットはないよ」と主張しているのは、過払い金請求をする人が増えると得をする人かもしれません。一般ユーザと見せかけた業者の方が回答をしている可能性があります。

デメリットがあると主張するのも、悪意のあるユーザの偽言かもしれません。

過払い金請求実績の豊富な中央事務所

中央事務所とは、過払い金など借金問題に特化した司法書士事務所です。比較的新しい事務所ですが、テレビやラジオで聞くことが増え認知度が一気に高くなりました。過払い金や借金に特化しているため、初期費用や着手金、相談料が無料なほか、家族にもバレないようプライバシー管理は厳重です。

司法書士法人中央事務所

信頼のできる中央事務所を選ぶことで、余計な費用をかけずに過払い金を取り戻すことができるのです。また、電話一本で相談できる手軽さなので、利用しやすい点もメリットといえるでしょう。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

知恵袋で言われている過払い金請求のデメリットとその真偽

知恵袋にある過払い金請求のデメリットについて詳しく紹介していきます。

ブラックリストに載る?

過払い金請求のデメリットってありますか? プロミスやレイクの消費者金融から借金をしています。 かれこれ8年間返済を続けています。 過払い金請求を検討中ですが、 過払い金請求のデメリットはないかと気になっています。
・ブラックリストに載る。
・クレジットカードが使えなくなる。
などです。 ご存知の方おられましたら回答お願いします。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12161829532

結論から言うと、完済済みの場合はブラックリストに載ることはありません。以前は過払い金請求を行うことで「契約見直し」という情報が信用情報に登録されていましたが、2010年4月に廃止になりました。よって、知恵袋で過払い金請求はブラックリストに登録されるという回答があったとしても、それは古い情報です。

知恵袋では「ブラックリストはない」という意見もありますが、ブラックリストのようなものは存在しています。借金の状況などの情報を扱う信用情報機関というものがあり、この信用情報のうち「事故情報」の部分を、俗にブラックリストと呼ぶことがあります。

事故情報というのは、
・長期延滞(返済の支払日が2~3か月遅れること)
・債務整理
・代位弁済(ローンや家賃が払えずに保険会社から払われること)
などで登録がなされます。

返済中の過払い金請求を行う場合、多くは「任意整理(債務整理の1種)」として扱われます。よって返済中の場合は、「ブラックリストに載る」可能性があると言うことができます。これは事前に事務所に相談することで、ある程度見積もってもらえます。

クレジットカードが使えなくなる?

クレジットカードが使えなくなることはあります。というのも、過払い金請求したカード会社とは「トラブルがあった」ことになり、社内ブラックリストのようなものに載ります。よって、
・過払い金請求したカード会社では、今使っているカードは取引停止または解約される
・過払い金請求したカード会社では、5年間~今後ずっとカードを作れない
ことになります。

過払い金請求した会社以外では、問題なくカードを作ることができます。

新たな借り入れが5年間できなくなる?

クレジットカードが使えなくなるのは、過払い金請求をした会社のみとお伝えしました。しかし新規のクレジットカード発行や新たな借り入れができなくなる場合もあります。それは返済中の過払い金請求をして、借入金額が過払い金返還額を上回って借金が残った場合です。その場合、信用情報に事故情報が登録されてしまい、登録されている期間は以下の4つができなくなります。

  • 各種ローンの利用
  • 消費者金融の借入
  • クレジットカードの発行
  • 携帯電話の端末料金を分割払い(割賦契約)による購入

任意整理(返済中の過払い金請求など)を行った場合、事故情報は基本的には5年間保存されます。

最終的にマイナスになってしまうことはある?

過払い金請求でリスクはないのでしょうか? 例えば、請求したが戻りが無く、弁護士費用だけがある場合や請求金額以上に、諸経費が多くマイナスになるケース、ブラックリストに載るケースなどの リスクはないのですか? 教えてください!

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12212217987

計算上は、マイナスになってしまうことはあります。例えば過払い金返還金額が3万円、基本報酬が3万円+過払い報酬22%だった場合、マイナスになってしまいます。マイナスになる場合、過払い金は発生しているものの請求をしない、という選択肢を事務所が提示してくれます。
不安な方は、契約前の面談ではっきり確認をとりましょう。

事務所が過払い金を横取りすることはある?

過払金でおなじみ中央事務所に
過払金の調査を昨年暮れに依頼して
3ヶ月から半年くらいで
調査結果が出ると言われていたのに
いまだにでません。

コロナ禍もあったからかなと思いますが
以前この会社、別名だった時代に
依頼者に無断で勝手に裁判して
過払金を懐におさめていた、というニュースを
後になって知りました。

もしこんなことされてた場合、
私の方で裁判所で調べるとか
何か方法ありますか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12227978877

まずこの質問からわかることは、依頼してから返還までに時間がかかり過ぎているため、不信感を抱いて契約を解消したくなってしまった人がいる、ということです。

質問者は事務所が過払い金を横取りしたのではないかと心配しているようですが、その可能性はほぼゼロに近いと言えます。なぜならば、司法書士は数か月~数年の業務停止、悪い場合には法人としての活動が禁止されるなどの処分があります。懲戒処分の情報は公開されますが、軽い処分がほとんどです。

過払い金の返還には数か月~1年ほどかかります。その間頻繁に連絡がある訳ではないため、不安になってしまったと考えられます。

完済済みの場合のデメリットは?

過払い金請求しようと思ってます。 対象は2社でアコムとレイク 借りたのは12年前くらいで、レイクは6年くらい前に完済済み。 アコムは借りたり返済したりで最近返済済み。 他に借りてる消費者金融は1社あるがここはなにもしない。 過払い金請求してもデメリットありますか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11238606786

完済済みの場合、返済中に比べてデメリットは多くありません。信用情報が登録されることもないので、デメリットとしては以下の2つなどが考えられます。
・過払い金診断をしたが、過払い金は発生していなくて無駄な手間だった
・過払い金請求をしたら、その会社のクレジットカードが使えなくなる

訴訟する場合のデメリットは?

過払金返還について質問です。宜しくお願いします。司法書士さんに頼んで (株)しんわでの過払金額が135万7005円でした。 うち3割の40万7101円なら返還に応じるとしんわから回答がきて、訴訟を起こすと3割すら応じなくなる場合がありますが訴訟しますか?それとも3割で和解しますかと司法書士から言われました。 訴訟すると3割すら返還されないことがあるのでしょうか? 訴訟はしたほうがいいですか?しないほうがいいですか? 訴訟のメリット デメリット等を教えて下さい

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1469179364

訴訟を起こすデメリットなど存在しないという意見も知恵袋にはありますが、ここでは考えられるデメリットをできるだけ紹介します。
・弁護士、司法書士費用が高くなる
・過払い金を受け取るまでの期間が長くかかる(+3~9か月ほど)
・訴訟を起こしている最中に、相手の貸金業者の経済状況が悪化する可能性がある

基本的に、破産した会社に過払い金請求はできません。請求する予定の貸金業者の経営状況が良くない場合は注意する必要があります。

それでは知恵袋で言われている過払い請求のデメリットとその真偽について、いくつか解答していきましょう。

2010年6月18日以降の新規契約は過払い金ナシ

質問

過払い金について、お聞きします。プロミスです。

仕事で必要だったため、2010年8月から20万スタートでキャッシング、現在120万程を借り入れ、返済中ですがほとんど利息のみしか返済できていません。先日、過払い金である事務所に連絡をしたのですが、過払い金がある可能性があると言われたのですが、借り入れ開始月が、制度がちょうど変わった月の後々月だと思うのですが、過払い金申請しようか迷っています。同じようなタイミングで借りていた方で過払い金請求された方、戻りはありましたか?

回答

借入始めた時期がそれで間違いないなら過払い金は発生しませんね。可能性があるとエサをちらつかせて任意整理させるやり方でしょう。その借入時期で可能性が無いことをプロが分からないわけが無いですから。

でも利息のみしか返済できていないなら任意整理も検討してみてはいかがでしょうか。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10251153390

回答者さんが正しいです。2010年6月18日以降の新規契約で過払い金は発生しません。質問者さんはちょっと質の悪い事務所に相談してしまったのかもしれません。ただし利息のみしか返済できていないなら、任意整理はアリです。

過払い金請求したらクレジットカードが作れない!?

質問

過払い金請求のリスクを教えて下さい。過払い金受け取るとその会社のカードは使えなくなるということはわかりました。例えば過払い金請求して過払い金を手に入れてから4年後に他の会社のクレジットカードを作ることは可能でしょうか?

回答

完済済みや債務ゼロとなる過払い請求にデメリットはありません。当月だろうと翌月だろうとカードは作れます。単純にあなたの信用情報と返済能力次第です。もちろん過払い請求したカードは解約して二度とお付き合いしない事でしょうけど。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10106726195

完済済みの過払い金請求や債務が残っていても過払い金請求して債務がなくなる場合、信用情報に事故情報は載りません。そのため回答者さんのおっしゃるとおり当月にでもカードを作ることができます。ただし過払い金請求をした業者のカードを新規でつくるのは難しくなる可能性があります。

相続人が過払い金請求するときにリスクは?

質問

過払金請求のデメリットについての質問です。

亡くなった父の過払金請求をしようか検討しています。この場合、本人では無い請求した者にはクレジットやキャッシング等にデメリットはあるでしょうか?

回答

全くない。そもそも本人だってないのに、相続人にあるわけがない

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13250834798?__ysp=6YGO5omV6YeRIOODh%2BODoeODquODg%2BODiA%3D%3D

残念ながら「ない」とは断言できません。相続人の過払い金請求には以下のような注意点があります。

  1. 過払い金調査する前に過払い金請求すると、過払い金が発生しなかった場合に「相続放棄」や「限定承認」ができない可能性がある
  2. 過払い金請求の対象になる貸金業者に、相続人も借入があった場合、相続した過払い金と相続人の借金が相殺される可能性がある

質問者さんはクレジットやキャッシングを気にされているので、「2」のリスクの可能性が考えられます。

過払い金請求よりも破産のほうがいい!?

質問

過払い金請求しましたが借金が残り、完済しましたが現在新しくローンが組めず、カードも作れません。ならば過払い金請求ではなく、自己破産した方が得だったのでしょうか?

過払い金請求の私のケースと自己破産のデメリットの違いが解りません。

回答

それは過払い金請求じゃなくて任意整理って言うんですよ。

弁護士や司法書士が任意整理っていうより過払い金請求って言った方が客の食いつきがいいからそんな説明をしたんでしょうけど。過払い金請求っていうのは借金は残りませんからね。信用情報がまっさらになるまであと5年はブラックなのでその間は我慢しましょう。

信用情報がきれいになったらまずは学生や主婦でも作れるような審査の緩いクレジットカードを作って返済実績を作って行くことです。完全にまっさらな状態で大きなローンとか組もうとすると過去の事故を疑われて落とされますからね。

なお自己破産の場合は最長10年間ブラックになるので、そっちが得だったかどうかは分かりません。借金の金額と生活の収支バランスによっては自己破産できない場合もありますしね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14237535814

回答者さんのおっしゃる通り、質問者さんがされたのは「任意整理」です。質問者さんが「自己破産のほうがマシか」と聞いておられますが、借金が完済できたのであればそんなことはないはずです。完済から5年待てばローンも組めます。それまでに家計を見直して、ローンやカードに頼り過ぎない生活基盤を作るようにするべきでしょう。

素人だと返還額が少ない

質問

過払い金請求について…

アコムの過払いが平成6年から平成22年までをざっと計算したら 200万円弱ありました。

訴訟しない場合ごねたら何割ぐらい戻りますか?(もちろん相手には訴訟ちらつかせますが)ちなみに最初の示談金は30万でした。

回答

あなたができることは、すぐに提訴し満額回収することを方針とする弁護士事務所を探すことです。そのうえで、旦那さんをその事務所に連れていきましょう。たった一回事務所に行くだけで満額返ってきます。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13109268908?query=%E9%81%8E%E6%89%95%E9%87%91%20%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%20%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%A0

少し理由が端折ってあるところもありますが、回答者さんの言われることはごもっともです。相手が素人だとわかると業者が足元を見て、「返還額の少額提示」や「0和解」を進めてくることもあります。アコムなら専門家に依頼すればたいていの場合、任意交渉なら80%、裁判なら満額+利息付で過払い金が戻ってきます。つまり質問者さんの過払い金は、訴訟しない場合でも160万円戻ってくる可能性があるわけです。

時効になると過払い金は発生しない

質問

過払い金請求について。一年以上かかりました。過払い金請求と、債務整理を弁護士さんにお願いし、去年、ようやく解決しました。総額1000万戻って来ました。しかし、過払い金請求の時効10年がなければ2000万は戻って来たはずなんです。時効ってずるくないですか?過払い金請求をした経験がある方教えて下さい。

回答

どんな事件でも、損した側は時効に納得が行きませんよね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10202625710

間違いありません。どんなに納得がいかなくても、過払い金請求の時効は10年です。質問者さんはあと10年請求が早ければ2,000万円も戻ってきたということなので、相当悔しい思いをされたはずです。

過払い金の知恵袋で言われているデメリットまとめ

過払い金請求の知恵袋で言われているデメリットへの回答は「正解」もしくは「不正解とは言えない」というものが多いようです。

過払い金請求がおすすめの人

まず過払い金が発生するのは2010年6月より前から借金をしていることが大前提です。そのうえで過払い金請求をしたほうがいい人はこんな人です。

  • 完済してからまだ10年経っていない人
  • まだ完済できていない人
  • 完済してからまだ10年経っていない借金と他社に返済中の借金がある人

まだ完済できていない人や完済と返済中の両方がある人は過払い金が手元に戻ってこなくても、任意整理をすれば借金を大幅に減額できる可能性があります。

ただし任意整理をするとブラックリストに載ってしまいます。そのため完済から5年間はローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることができなくなりますが、借金の悩みから解放されるのでメリットはかなり大きいはずです。

過払い金請求をするなら実績のある事務所がおすすめ

過払い金請求をするなら過払い金請求に特化した部門を持ち、実績の豊富な事務所に依頼しましょう。実績豊富な事務所は過払い金請求や貸金業者ごとの情報もたくさん持っているので、スピーディーに対応してもらえるのはもちろん、取り返せる過払い金の金額が多くなる可能性もあります。

また過払い金請求の専門家は弁護士か司法書士です。司法書士は過払い金の元金が140万円超える場合は依頼を受けられませんが、弁護士に比べて料金が安い傾向があります。元金が140万円以下の過払い金請求は司法書士事務所に依頼することをおすすめします。

過払い金請求実績の豊富な中央事務所

中央事務所とは、過払い金など借金問題に特化した司法書士事務所です。比較的新しい事務所ですが、テレビやラジオで聞くことが増え認知度が一気に高くなりました。過払い金や借金に特化しているため、初期費用や着手金、相談料が無料なほか、家族にもバレないようプライバシー管理は厳重です。

司法書士法人中央事務所

信頼のできる中央事務所を選ぶことで、余計な費用をかけずに過払い金を取り戻すことができるのです。また、電話一本で相談できる手軽さなので、利用しやすい点もメリットといえるでしょう。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

記事まとめ

この記事では、知恵袋で言われている過払い金請求のデメリットについて紹介しました。知恵袋には真実ではない情報や、古い情報も出回っています。実際に過払い金請求した人の声を聴くことも重要ですが、それだけに振り回されないように注意しましょう。