ニコスの過払い金請求のデメリットや体験談をご紹介

ニコスの過払い金請求のデメリットや体験談をご紹介 過払い金の知識


「ニコスでカードキャッシングしていたけど過払い金の発生はある?」

「ニコスへ過払い金請求するといくら戻ってくる?」

ニコスが発行するカードの種類は多いため、人によってはどのニコスカードでいくら過払い金が発生しているのか、わかりにくい場合があるでしょう。今回はニコスの過払い金について詳しく解説しますので、返還請求を検討している方はご参考になさってください。

【今回の記事でわかること】

  • ニコスは過払い金請求への対応がよいのか
  • 過払い金の影響で業績は悪化しているのか
  • いつまでの借り入れで過払い金の対象となるのか
  • 過払い金請求するとどのくらい戻ってくるのか
  • 過払い金請求にはどのくらいの期間がかかるのか
  • 過払い金請求にはどのようなデメリットがあるのか
  • ニコスへ過払い金請求した人の体験談

ニコスの過払い金の最新情報(2017年~2022年)

将来の過払い金返還に備えるための引当金を、利息返還損失引当金と言います。ニコスが2017年~2022年に計上している利息返還損失引当金をご覧ください。

【ニコスの利息返還損失引当金*】

決算期利息返還損失引当金(単位:百万円)
2022年3月期21,100
2021年3月期24,927
2020年3月期29,423
2019年3月期24,726
2018年3月期23,203
2017年3月期38,750

※参照:https://www.cr.mufg.jp/corporate/company/financial_affairs/index.html

2017年3月期から2022年3月期まで、ニコスの利息返還損失引当金は減少傾向です。業績悪化につながる過払い金返還が減少傾向にあるため、ニコスの過払い金請求に対する対応はよいとされています。

対応の厳しい貸金業者だと和解での過払い金返還は5割という場合がありますが、ニコスでは7割~9割ほどの返還が期待できます。

ニコスは過払い金の影響で業績悪化している?

企業の安定性がわかる指標のことを1株当たりの純資産額と言います。2017年~2022年、ニコスの1株当たりの純資産額は以下の通りです。

【ニコスの1株当たりの純資産額*】

決算期1株当たりの純資産額
2022年3月期55円71銭
2021年3月期69円08銭
2020年3月期53円90銭
2019年3月期23円49銭
2018年3月期75円17銭
2017年3月期69円47銭

※参照:https://www.cr.mufg.jp/corporate/company/financial_affairs/index.html

負債が少なく純資産が多いほど、1株当たりの純資産額は上がります。ニコスの利息返還損失引当金は固定負債の1つです。

1株当たりの純資産額が2019年3月期を除き、50円~70円ほどで安定していることからニコスの経営は安定していると考えられます。

利息返還損失引当金減少傾向にありますので、過払い金の影響でニコスの業績が大幅に悪化し続けているといった可能性は低いでしょう。

ニコスの過払い金はいつまでの借り入れで発生する?

ニコスで過払い金が発生している可能性があるのは、2007年までに借り入れしていた方です。

利息制限法の上限を超えた金利~出資法の上限以内の金利(グレーゾーン金利)で借り入れしていた方は、過払い金が発生している可能性があります。利息制限法の上限金利は年15%~20%、改正前出資法の上限金利は年29.2%です。

貸金業法と出資法の改正があり、出資法の上限金利は20%へと見直しされたためグレーゾーン金利は事実上廃止となりました。2006年12月、改正貸金業法が国会で可決したのを受けてニコスでは2007年までに利息制限法内の金利に引き下げたとされています。

ニコスより2008年以降に借り入れしている方は、グレーゾーン金利ではありませんので過払い金の発生はないでしょう。

ニコスの過払い金の返還金額の目安は?

司法書士法人 中央事務所によると、ニコス/DC/日本信販カードでの過払い金平均額は約66万円*という調査結果が出ています。

※参照:https://10-10-10.jp/card/nicos.html
※2018年1月~2018年12月の期間

JCBカードの平均23万円、三井住友カードの平均16万円と比べると、ニコスの過払い金平均額は多めです。それはクレジットカード会社との合併により取り扱っているカードの種類が多いからと考えられます。

ニコスの正式な社名となるのが、三菱UFJニコス株式会社です。もともとは大手信販の日本信販株式会社でした。2005年にUFJカードとの合併でUFJニコス株式会社へ、2007年にDCカードとの合併で三菱UFJニコス株式会社へと社名を変更しています。そのため、ニコスカードやUFJカード、DCカード、日本信販など過払い金の対象となるカードが多いです。

ニコスの過払い金の入金日は遅い?

和解または裁判での解決後、ニコスより過払い金が入金されます。入金日までの目安は2か月です。

貸金業者によっては入金まで3か月かかる場合があるため、ニコスの過払い金の入金日は比較的早いと言えるでしょう。

ただし、自身で過払い金請求しているときは入金まで期間がかかりやすいです。専門家に過払い金請求を依頼していれば、早めに入金される可能性があります。

ニコスの過払い金請求にかかる期間

ニコスの過払い金請求にかかる期間は以下が目安です。

【過払い金請求の期間】

和解で解決した場合1か月~(回収額の目安:7割~9割)
訴訟で解決した場合6か月~(回収額の目安:10割+5%の利息)

他社だと和解で解決した場合、3~4か月かかる場合があります。他社と比べるとニコスは和解での解決がスムーズとなるでしょう。

ただし、ニコスとの訴訟で解決するときは6か月以上かかる場合があります。過払い金7割~9割戻るなら納得できるという方は、和解での解決がおすすめです。発生している過払い金の金額が多く、7割~9割では納得できないという方は訴訟を検討するとよいでしょう。

ニコスの過払い金請求のデメリット

ニコスへの過払い金請求にはいくつかのデメリットがあります。以下のデメリットをよく理解してから過払い金請求したほうがよいでしょう。

ショッピング残高があるとブラックリストに掲載される可能性あり

完済済みであれば過払い金請求してもブラックリストに掲載されないのが原則です。しかし、ニコスのキャッシングは完済済みでもショッピング残高があるときに過払い金請求するとブラックリストに掲載されるケースがあります。

それは過払い金よりショッピング残高のほうが多いケースです。クレジットカード会社では過払い金とショッピング残高を相殺する場合があります。たとえば過払い金30万円、ショッピング残高50万円の場合、20万円のショッピング残高が残る計算です。

ブラックリスト掲載中はクレジットカードやカードローンなどの審査通過は厳しいでしょう。

キャッシングもショッピングも完済済みであれば、過払い金請求してもブラックリストには掲載されません。

ニコスへ過払い金請求するとニコス発行のカードがすべて使えなくなる

人によってはニコスが発行するカードを複数持っているという場合があるでしょう。ニコスへの過払い金請求にはニコス発行のカードがすべて解約となり、使えなくなるというデメリットがあります。

解約となればカードで貯めていたポイントは失効してしまいます。親カードに追加した家族カードやETCカードも使えなくなるでしょう。

しかし、過払い金請求しなかった他社カードは問題なく使えるケースがあります。それはニコスのキャッシングもショッピングも完済済み、または過払い金でキャッシング残高もショッピング残高もすべて清算できる状況であり、過払い金請求してもブラックリストに掲載されないケースです。

ニコスのカードで公共料金などを引き落とししている方は、過払い金請求しない他社カードへ変更しておきましょう。

ニコスの過払い金請求をした人の口コミ

次はニコスへ過払い金請求した人の体験談をネット上の口コミよりご紹介します。

ニコスから開示された取引履歴がおかしい

以下はニコスへ過払い金請求した際、取引履歴の内容がおかしいといった体験談です。

三菱UFJニコスに過払い請求し開示されたが、アピタカードとマイベストカードの2つの契約があり、2000年の有効期限が切れたの際アピタカードが廃止された後にも取引がアピタカードと言われた、その間増額もあり。おかしい。
1度完済した平成13年の2ヶ月後から1年半くらいの取引だと。しかしマイベストカードはアピタカードの取引と言われた時期が始まった時に契約している。契約しているにも関わらずキャッシングが始まったのが3年後。お金がなくて3社から借り入れしていた時期に、キャッシングカードをまっさらでおいておけたか、疑問。

https://okwave.jp/qa/q7432128.html

ニコスでは取引履歴の一部に開示漏れがありました。ニコス公式HPによると開示漏れが確認されたのは以下の期間内です。

【開示漏れのあったカードと期間*】

  • ニコスブランド:1991年9月~1995年7月
  • UFJカードブランド:1993年3月の1か月

※参照:https://www.cr.mufg.jp/corporate/info/2007/071130_01.html

上記のほか、DCカード・協同カードなどでも2005年7月20日以降に開示された取引履歴の一部に全開示されていないことがありました。開示漏れについて、ニコスでは正確な取引履歴の開示と差額分の返還を約束しています。

大手のクレジットカード会社であるニコスが、意図的に一部の取引履歴を開示しなかったという可能性は低いでしょう。もし取引履歴の内容に疑問があるときは、ニコスへの問い合わせをおすすめします。

過払い金が発生している可能性はありますか?

以下はポケットカード、ニコスカード、セゾンカードからの借金があり、過払い金が発生しているのか知りたいといった体験談です。

現在クレジット会社3社から借金があります。
3社ともキャッシングのリボ払いで、一度に多額を借りた訳ではなく、度々借り増ししては毎月一定額(少額)を返済していて、返済が追いつかず借金が膨れ上がったような状態です。

現時点の内訳は、(1)ポケットカード約80万。返済は毎月2万2千円程。(2)ニコスカード約40万。返済は1万5千円程。(この2社は取引期間10年程)(3)セゾンカード約40万。返済1万5千円程。取引期間6年程です。

この度、過払い金返還請求を検討しているのですが、このような事例の場合、過払い金が発生している可能性は高いでしょうか。

https://okwave.jp/qa/q5256878.html

グレーゾーン金利であれば過払い金が発生している可能性が高いです。

ニコスへ取引履歴の開示請求を行うと、引き直し計算後の金額を書き込みした計算書が送られてきます。しかし、会社によっては過払い金の引き直し計算が必要です。

引き直し計算の方法がわからないというときは、専門家への依頼がおすすめです。専門家によっては無料で引き直し計算してもらえます。

計算書にマイナス表記があった

以下はニコスから届いた計算書にマイナス表記があったという体験談です。

ニコスの過払い請求について質問です。

現在ニコスより計算書が届き、8日に電話で和解交渉することになっています。
計算書についてなのですが、現在残高があるのに、マイナス表記されています。この場合、残高は無くなりさらにマイナス表記されている金額が返還されるのでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1156692301

ニコスから届いた計算書にあるマイナス表記が過払い金です。過払い金返還請求書の送付により取り戻せる可能性があります。

ただし、5%の過払い利息については別途計算が必要になる場合があります。

口コミまとめ

ニコスの過払い金に関する口コミをまとめてみましょう。

【ニコス過払い金の口コミまとめ】

  • 開示漏れがあったが、その後に正確な取引履歴の開示を約束している
  • ニコスは引き直し計算済みの計算書を届けてくれるが、他社は引き直し計算が必要になる場合あり
  • ニコスから届いた計算書にあるマイナス表記が過払い金

開示漏れの件からニコスから届いた計算書が本当に正しいのか、不安があるときは専門家に相談するとよいでしょう。

ニコスの過払い金請求をするには

ニコスへの過払い金請求は以下の手順で行えます。

【ニコス過払い金請求の手順】

  1. 取引履歴の開示請求
  2. ニコスより届いた計算書を確認
  3. 過払い金返還請求書を送付
  4. ニコスとの交渉
  5. 和解または訴訟
  6. ニコスより過払い金の入金

通常は開示された取引履歴を見ながら引き直し計算します。ニコスではすでに引き直し計算済みで開示されますので、過払い金請求の手順がスムーズです。

ニコスの取引履歴は電話で請求できます。カードごとの取引履歴の受付電話番号は以下の通りです。

【取引履歴の開示受付窓口】

MUFGカード0570-050-535/03-5489-6165
MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カード0570-050-558/03-5489-6116
DCカード03-3770-1177(東京)/06-6533-6635(大阪)
NICOSカード・マイベストカード・三菱UFJニコスローンカード0570-025405/03-5940-1100
協同カード0570-550-284

記事まとめ

今回はニコスの過払い金について以下のポイントを中心に解説しました。

【解説のポイント】

  • 過払い金の平均額は約66万円
  • 和解で過払い金7割~9割の回収が目安
  • 訴訟で過払い金10割+5%の利息が回収の目安
  • 経営が安定しており、比較的過払い金請求への対応は良好
  • 期間は和解で1か月~、訴訟で6か月~が目安
  • 入金日までの目安は2か月

ニコスとの和解であれば比較的解決までが早いですが、訴訟は時間がかかりやすいです。専門家に過払い金請求を依頼すれば、自身で手続きするより早めの解決が期待できるでしょう。