法テラスとは?知恵袋の本音を解説【債務整理・過払い金】

法テラスとは?知恵袋の本音を解説【債務整理・過払い金】 過払い金の知識

「法テラスとは?」
「法テラスは本当に無料で相談できるの?」

法テラスを初めて利用する方だとわからない点が多いでしょう。そこで今回は法テラスについて、知恵袋に投稿された本音の口コミを交えながら詳しく解説していきます。援助までの流れが気になるという方もご参考になさってください。

【今回の記事で分かること】

  • 同一案件なら3回まで相談無料
  • 弁護士・司法書士費用を立て替えてもらえる
  • 電話や面談で相談できる
  • 無料相談や立て替えにある利用条件
  • 問い合わせから援助までの流れ
  • 全国47の都道府県に地方事務所あり

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

法テラスは本当に無料?

法テラスとは、借金・離婚・相続など法的トラブルに巻き込まれた方に用意された紹介所のことです。人によっては法テラスが本当に無料なのか気になるでしょう。知恵袋には法テラスの相談について下記の口コミがあります。

質問

法テラスの無料相談回数について教えてください。

同一案件で3回まで無料で相談できると書いてありますが、例えば、養育費と婚姻費用は別案件ですか?
それとも、男女問題、離婚問題みたいに一括りになりますか?

回答

先日、法テラスを利用したものです。

だいたい同じような内容で相談にいきました。

離婚問題という1括りになり、別の弁護士さんに相談しても回数は加算されるそうです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11247854951

法テラスでは同一案件に限り、弁護士や司法書士に3回まで無料で相談できる援助を行っています。3回までなら料金を気にせずに相談できるものの、1回につき30分ほどまでという時間制限には注意が必要です。

その他、上記の回答を見る限り、別の弁護士に変更しても相談回数はリセットされない可能性があります。4回目以降の相談が有料となった場合、1回30分につき5,000円ほどの料金が目安です。

▼無料で利用できる範囲や条件についての詳しい記事はこちら
法テラスは本当に誰でも無料?どこまでできる?

法テラスでできること

法テラスでは下記の業務を中心に行っています。

【法テラスでできること】

  • 適切な法制度の紹介
  • 関係機関(法律相談・公的機関窓口等)の紹介
  • 弁護士や司法書士費用の立て替え
  • 簡易的な書類作成

それぞれの業務について詳しく紹介しましょう。

適切な法制度の紹介

法テラスでは少額訴訟や債務整理など、相談者にとって適切な法制度を紹介しています。

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産など)は借金問題の解決を目指せる手続きです。債務整理の手続き方法が分からないときは、弁護士または司法書士に依頼できます。

自身が抱えている問題に対し、どの法制度が適切なのか分からないという方は多いでしょう。適切な法制度の紹介を受けたいときは、下記の電話番号より問い合わせできます。

【法テラスのサポートダイヤル】

電話番号0570-078374
受付時間・平日9:00~21:00
・土曜9:00~17:00

ただし、サポートダイヤルのオペレーターは法律相談までは行えません。法律相談を受けたいときはオペレーターより案内を受けましょう。

関係機関(法律相談・公的機関窓口等)の紹介

法テラスでは下記の関係機関の紹介も受けられます。

【紹介先の関係機関】

  • 地方公共団体
  • 弁護士会や司法書士会
  • 犯罪被害者支援団体など

人によっては自身の抱えている問題に対し、どこで相談したらよいのか分からない場合があるでしょう。借金問題を解決したいときに頼りになるのが弁護士または司法書士です。相談者にとって適切な関係機関の紹介が受けられます。

弁護士や司法書士費用の立て替え

知恵袋には法テラスの立て替えについて下記の口コミも見られます。

質問

法テラスの建て替え審査って厳しいですか?
建て替え審査可決されたら勝訴なんでしょうか?

回答

「立て替え」だし
それは、お金に困っているかどうかの審査ですよ
法テラスを仕えるかどうかだけの審査です
勝訴かどうかは無関係

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12244985342

審査があるものの、法テラスでは弁護士や司法書士費用を立て替えする援助を行っています。

案件を依頼した専門家への着手金は、一括で支払いするのが原則です。事務所によって異なるものの、自己破産では30万円ほどの着手金がかかる場合があります。

立て替えの援助を受けられると、30万円ほどの着手金を月々5,000~1万円ほどで分割払いできます。費用がゼロになるわけではありませんが、月々5,000~1万円ほどであれば経済的に余裕のない状況でも支払いしやすいでしょう。

ただし、上記の口コミにある通り、あくまでも費用の立て替えであり裁判での勝訴ではありません。

簡易的な書類作成

法テラスでは相談を担当した弁護士や司法書士が簡易的な書類を作成する援助も行っています。知恵袋には法テラスの書類作成について下記の口コミがあります。

質問
法テラスで時効の援用の書類作成依頼できますか

回答
できますよ。
法テラスに電話をして弁護士の紹介を受けてください。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11157387801

借金や利息には5年もしくは10年の時効期間があります。しかし、時効を迎えていても時効の援用をしなければ借金や利息はなくなりません。

時効を迎えたら時効援用通知書の送付により、時効の援用を行う旨を債権者に伝えます。時効援用通知書には書類を送付する日付、差出人の氏名住所、債権者の情報なども記載しないといけません。時効援用通知書の書き方が分からないときにも便利なのが法テラスです。

法テラスの使い方

法テラスには下記の使い方があります。

【問い合わせ・相談の方法】

  • メールでの問い合わせ
  • 電話相談
  • 対面相談

電話相談なら窓口へ行く時間のない方でも利用しやすいです。対面で相談したいときは最寄りの地方事務所や指定相談場所などへ出かけるとよいでしょう。

メールでの問い合わせ

法テラスではメールで問い合わせすると下記の情報提供が受けられます。

【メールで提供される2つの情報】

  • 相談窓口に関する情報
  • 法制度に関する情報

ただし、メールだと法律相談までは受けられません。あくまでもメールでの回答は情報提供のみと考えましょう。

電話相談

法テラス上野など地方事務所によっては電話相談を受付しています。地方事務所の電話番号は法テラス公式サイトで確認可能です。

また、法テラスでは下記の電話番号より借金問題に関する問い合わせも受付しています。

【法テラスのサポートダイヤル】

電話番号0570-078374
受付時間・平日9:00~21:00
・土曜9:00~17:00

多重債務に陥ってしまっても債務整理の手続きにより解決を目指せます。オペレーターに繋がったら無料相談希望と伝えましょう。

対面相談

知恵袋には法テラスの面談相談について下記の口コミが見られます。

質問
法テラスは直接相談できないのでしょうか?
電話かメールになりますか?

回答
コロナの問題があって、電話かメールのこともあれば、場所によっては法テラス事務所での面談もありますが、先に予約して要件を満たすかの確認があります。
自分で法テラスの支援対応の弁護士を選ぶ場合は、直接法テラスの支援を受けたい旨を最初に受付で言って予約します。
この場合は直接事務所で面談になります。相談後に要件を満たさないことになった時は通常の費用がかかります。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11243856381

法テラスでは地方事務所・提携弁護士や司法書士事務所・指定相談場所で相談援助が受けられます。自身で弁護士・司法書士を選びたいときは、法テラスと提携している事務所で面談相談を受けるとよいでしょう。

ただし、上記の回答にある通り、無料相談の援助を受けるには利用条件を満たさないといけません。利用条件に満たない場合は、1回30分につき5,000円の相談料がかかる場合があります。

弁護士や司法書士事務所によっては何度でも無料で相談できるため、事前にメール・電話などで費用を確認しておくのが望ましいです。

法テラスの利用条件

法テラスによる無料相談と立て替えの援助には下記の利用条件があります。

【3つの利用条件】

条件無料相談立て替え
①収入や資産が上限を下回ること
②勝訴の見込みがないとはいえないこと
③民事法律扶助の趣旨に合っていること

立て替えしてもらうには、上記の条件3つとも満たさないといけません。無料相談の援助なら①と②の条件を満たせば受けられます。それぞれの条件について詳しくは下記の通りです。

条件①収入や資産が上限を下回ること

法テラスでは収入や資産について下記の上限を設けています。

【収入と資産の上限*】

世帯人数手取り月収の上限資産の上限
1人18万2,000円180万円
2人25万1,000円250万円
3人27万2,000円270万円
4人29万9,000円300万円
※家賃または住宅ローンがない場合

手取り月収と資産の条件両方とも満たさないといけません。たとえば3人家族の場合、手取り月収は27万2,000円以内、資産は270万円以内が必要です。

条件となる資産の内訳は下記の通りです。

【資産の内訳】

  • 不動産(自宅などは除く)
  • 有価証券(株式や債券など)
  • 現金や預貯金

無料相談なら手取り月収に加え、現金と預貯金の合計が上限を下回れば受けられます。(不動産と有価証券は資産に含めない)

知恵袋には利用条件について下記の口コミがあります。

質問
法テラスについての質問です。
一人暮らしだと180万円以上あると利用できないそうですが、相談のみならお金があるかないかは口頭だけの確認のようです。
もし嘘をついたらバレますか?
宜しくお願いします。

回答
マイナンバーカード―を要求されました。
此れで収入は筒抜けです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10249141465

提出した書類により、嘘の収入を申告してもバレる恐れがあります。嘘を申告すると審査に悪影響が出る恐れがあるため、正直な収入を伝えましょう。

条件②勝訴の見込みがないとはいえないこと

立て替えには「勝訴の見込みがないとはいえないこと」といった条件もあります。調停・裁判・和解・示談・自己破産の免責許可決定などが勝訴の見込みです。

勝訴の見込みがあるのかないのか、相談者自身で判断するのは難しいでしょう。専門家による判断が必要になるため、「勝訴の見込みがあること」ではなく「勝訴の見込みがないとはいえないこと」と表現している可能性があります。

条件③民事法律扶助の目的に合っていること

収入や資産の少ない方でも債務整理など、法的な手続きを進めやすくなるのが民事法律扶助(無料相談・立て替え)です。相手に被害を与えたい、炎上商法に利用したいなど、民事法律扶助の目的に合わない方は利用できません。

法テラスの弁護士は使えない・役に立たない?知恵袋での評判

知恵袋には法テラスの弁護士使えない・役に立たないといった下記の口コミが見られます。

質問

法テラスの弁護士に予約し先日相談にいきました
役所の無料相談の弁護士と同じで全くやる気のない弁護士でした、お金がないのに交通費と時間をかけて行ったのに無駄でした。
無料相談の弁護士同様初めから専門じゃないからわからないなあとか言いながら訴状の記入方法とか裁判所で詳しく聞くようにと言われました。

回答

今、子供が依頼している弁護士さんは民事しか経験が無く、刑事はお断りしているとのことでした。
得意分野はあるみたいですね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12172999227

弁護士とはいえ、苦手分野の相談だと納得できる回答が得られない場合があります。地方事務所まで出かけた時間が無駄になるのでは困るという方は多いでしょう。

しかし、地方事務所だと相談できる弁護士を選べない場合があります。得意分野の弁護士に相談したい方は、下記の別記事もご参考になさってください。
法テラスは役に立たない?知恵袋の評判を徹底調査!【債務整理・過払い金】

法テラス利用の流れ

法テラスは下記の流れで利用できます。

【利用上の流れ】

  1. メールまたは電話で問い合わせ
  2. 無料相談の予約
  3. 必要書類を持参し、面談相談を受ける

利用上の流れについて詳しくは下記の通りです。

流れ①メールまたは電話で問い合わせ

まずはメールまたは電話で問い合わせし、自身にとって適切な法制度や相談窓口の案内を受けます。

【問い合わせ先】

メールでの問い合わせ法テラス公式サイト
電話での問い合わせ【サポートダイヤル】0570-078374
平日9:00~21:00/土曜9:00~17:00受付

法テラス公式サイトでは相談窓口検索ページも用意しています。自身で探したいときは相談窓口検索を利用するとよいでしょう。

流れ②無料相談の予約

法テラスの地方事務所では民事法律扶助(無料相談・立て替え)の面談窓口を用意しています。案内を受けた最寄りの地方事務所の窓口または電話で問い合わせ、無料相談を事前予約しましょう。

地方事務所によってはインターネットでも予約できます。

予約の際、条件確認するための申告が必要です。

【申告すること】

  • 相談内容
  • 収入
  • 家族構成
  • 家賃または住宅ローン
  • 資産(無料相談は現金・預貯金のみ)

収入・現金・預貯金がいくらあるのか、事前に調べておくと申告がスムーズです。

流れ③必要書類を持参し、面談相談を受ける

相談日当日に必要書類を持参し、予約した地方事務所に来所します。申込書への記入が必要になるため、10分ほど前には来所しましょう。

なお、審査時の必要書類は下記の通りです。

【審査時の主な必要書類】

  • 収入証明書類(給与明細書・源泉徴収票・確定申告書など)
  • 本籍地記載の住民票
  • 口座確認書類(通帳やキャッシュカードなどの写し)
  • 関連書類など(多重債務の場合は債務一覧表)

審査に通過次第、代理援助(裁判所での手続きや示談交渉・弁護士や司法書士費用の立て替え)や書類作成援助が開始されます。

立て替えてもらった費用は法テラスへの分割払いが必要です。

法テラスのアクセスと営業時間

次からは、法テラス地方事務所へのアクセスと営業時間を紹介します。最寄り駅から徒歩で来所できるかどうか気になるという方もご参考になさってください。

法テラスはどこにある?

法テラスの地方事務所は北海道から九州・沖縄まで全国47都道府県にあります。東京にある地方事務所は下記の通りです。

【東京地方事務所へのアクセス】

地方事務所名最寄り駅からのアクセス
法テラス東京新宿駅西口より徒歩約6分(最寄り駅からのルート
法テラス上野上野御徒町駅より徒歩約1分(最寄り駅からのルート
法テラス多摩立川駅より徒歩約5分(最寄り駅からのルート
法テラス八王子京王八王子駅より徒歩約1分(最寄り駅からのルート

上記の東京地方事務所は駅からのアクセスが良好です。マイカーのない方、車の運転免許がない方でも電車で来所しやすいでしょう。

法テラスの営業時間

法テラス地方事務所の営業時間は平日9:00~17:00が一般的です。

一部の地方事務所では土日祝や夜間も対応が受けられます。地方事務所によって対応が異なるため、公式サイトの相談窓口検索ページより確認するとよいでしょう。

債務整理するなら実績の豊富な事務所がおすすめ

債務整理ができる弁護士・司法書士事務所はたくさんあり、どれも同じように見えますよね。

しかし、安易に事務所を選んでしまうと、途中で信用できなくなったり損する結果になったりして、嫌な思いをする可能性もあります。

そこで、損するリスクを回避して、スムーズに債務整理をするための事務所選びのコツを2つご紹介します。

債務整理に特化した事務所を選ぶ

相談するなら債務整理に特化した司法書士・弁護士事務所がおすすめです。借金問題を専門として扱う事務所は、実績が豊富で、きちんと対応してくれる傾向にあります。

利用する安心感も違いますし、解決のスムーズさも違うでしょう。トラブルに巻き込まれるリスクも減らすことができます。

相談が無料の事務所

わざわざ事務所へ出向き、お金をかけて債務整理の相談をしても、借金減額に至らなければ損をするだけになってしまいます。

債務整理は、法律相談を無料で行っている事務所がおすすめです。

無料相談は質が低いのでは?と心配になるかもしれません。しかし無料相談とはいえ、実際に利用した人の声をきいてみると有料の相談と比べて遜色ありません。

債務整理におすすめの事務所4つ

債務整理の実績が豊富で、相談無料の事務所のなかで、おすすめの事務所を4つ紹介します。

中央事務所は過払い金請求で有名ですが、債務整理にも力を入れている事務所です。

実績専門性初期費用
中央事務所
司法書士法人中央事務所
詳細ページへ

相談実績
月3万件

専門性高め

無料
東京ロータス法律事務所
東京ロータス法律事務所
ロータス詳細ページへ

受任件数
7,000以上

専門性高め

相談無料
着手金あり
ひばり法律事務所
ひばり法律事務所
ひばり詳細ページへ

事務員と弁護士
がベテラン

専門性高め

相談無料
着手金あり
アース法律事務所
アース法律事務所
詳細ページへ

受任件数
3,500以上

幅広く取り
扱う事務所

相談無料
着手金あり

どの事務所も全国対応なので、地方の案件でも柔軟な対応が可能です。

まずは過払い金がいくら発生しているのか計算
過払い金を無料診断する
まずは過払い金がいくら発生しているのか計算
過払い金を診断