ベリーベスト法律事務所の広告がうざい!?

ベリーベスト法律事務所の広告がうざい!? 過払い金の知識

ベリーベスト法律事務所は、2010年に設立された事務所です。2010年以降、過払い金に関する法律事務所のCMはテレビ・ラジオ・ネット広告やチラシで多く見られますが、ベリーベスト法律事務所もCMで知名度を上げた事務所の1つです。

しかし、CMの評判には必ずしも好意的なものばかりではないようです。うざいとされる評判が生じたのはなぜなのか、うざいといわれても何度も広告を放映する理由についてもまとめてみました。

一方で、実際に利用した方の口コミを見ると、良い評判もあるようです。この記事では、そういった口コミもご紹介いたします。

過払い金請求実績の豊富な中央事務所

中央事務所とは、過払い金など借金問題に特化した司法書士事務所です。比較的新しい事務所ですが、テレビやラジオで聞くことが増え認知度が一気に高くなりました。過払い金や借金に特化しているため、初期費用や着手金、相談料が無料なほか、家族にもバレないようプライバシー管理は厳重です。

司法書士法人中央事務所

信頼のできる中央事務所を選ぶことで、余計な費用をかけずに過払い金を取り戻すことができるのです。また、電話一本で相談できる手軽さなので、利用しやすい点もメリットといえるでしょう。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

ベリーベスト法律事務所のうざい広告はこちら

ベリーベスト法律事務所の広告にはこんな口コミがあります。

ベリーベスト法律事務所のラジオCM、うざいと思いませんか? いい加減にしろ!

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12233382892?__ysp=44OZ44Oq44O844OZ44K544OI5rOV5b6L5LqL5YuZ5omA44CAQ00%3D

ベリーベスト法律事務所のCMを見る人の中には不快、と思う人がいるようです。

ところで、ベリーベスト法律事務所の過払い金の広告にはどんなものがあるのでしょうか。

テレビCM

ホームページ等でも公表しているように、ベリーベスト法律事務所は広告戦略には力を入れています。過払い金に関するテレビCMもかつては放映されていました。

YouTubeには、ベリーベスト法律事務所のチャネルがあり、他の分野のCMも見られるようになっていますが、現在ベリーベストの過払い金CMの動画は残っていないようです。

ラジオCM

テレビCMに対して、比較的に最近まで流れていたのがラジオCMです。「過払い金の返還期限が近づいています」のフレーズを何度も聞いた人もいるでしょう。

内容は、過払い金には時効があるので時効にかからないよう注意を喚起するものです。

ネット広告・その他の広告

ベリーベスト法律事務所のネット広告では、過払い金の無料診断や、過払い金の返金実績をアピールする内容が目立っていたようです。

メール広告がしつこかった、といった口コミも中にはあるようです。しかし、メールはベリーベスト法律事務所をかたる詐欺メールであった可能性もあります。事務所ではこうしたメールには警戒を呼び掛けています。

一方、チラシ版の広告では、多くのクレジットカードの表面を並べて広告にのせ、返金実績を金額入りで紹介していました。チラシの内容がインターネットでも多くの人の目に触れて話題となったこともあります。

なぜベリーベスト法律事務所の広告をうざい、不快と感じるのか

他の口コミにも、数か所の法律事務所・司法書士事務所とベリーベスト法律事務所の名前をあげ「しつこい」「ウザい」としているものがみられます。

ラジオのcmがほとんど同じで何度もしつこくて ウザいんで なんであんなに何度も何度もやるんですか

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11231692186?__ysp=44OZ44Oq44O844OZ44K544OI

なぜ、ベリーベスト法律事務所の広告がうざい・不快、というネガティブな口コミにつながっているのか、理由を分析してみました。

広告の回数が多い

特にラジオCMでは、ネガティブなイメージがあるようです。これはCMの回数と関係していると思われます。

ベリーベスト法律事務所を含め、大手の法律事務所・司法書士事務所が、過払い金の請求を特に利息制限法が改正された2010年以降、テレビCM・ラジオCMを大量に流してきたため、消費者からしても「しつこい」「飽きた」といった気持ちが生じていたとみられます。しかし、回数は2017年~2018年以降は徐々に減ってきているようです。

切迫感をあおっている?

過払い金の返還請求権は、10年で時効にかかります。実際には最終の返済日から10年で時効にかかるので、長い間同一の契約のもとカードでキャッシングを繰り返していた人など、中には時効までもう少し時間がある方もいます。

「過払い金の返還期限が近づいています」と何度も言いすぎていることについては、すこし消費者の気持ちをあおりすぎているのでは、といった意見もあるようです。

弁護士の品位?

2000年に、それまで禁止されていた弁護士の広告は解禁されています。しかし、弁護士会では、「日弁連弁護士の業務広告に関する規程(以下「規程」)」と「日弁連弁護士及び弁護士法人並びに外国特別会員の業務広告に関する指針(以下「指針」)」といったルールがあり、弁護士の広告に制限を付けています。規程では、品位または信用を損ねる広告は禁止されています。

ベリーベスト法律事務所が広告に関するルールに違反した事実はありません。しかし、広告が多いと「品位に反することがないか」「ルール違反ではないのか」と専門家の間でも繰り返して話題になるようです。また、他の過払い金の広告を多数出していた事務所も、ルール違反とされていたことがあります。こうした広告に対する規制があることと、他の事務所のルール違反の事例などと同じように見られてしまい、ネガティブな印象につながることがありそうです。

なぜうざいと言われても広告を打つのか

「うざい」といわれながらも、ベリーベスト法律事務所が広告を打つことの必要性は、第一には消費者の救済のため過払い金があるという事情があります。

消費者の救済のために広告は必要だった

金融機関がグレーゾーン金利を適用してとりすぎてしまった利息は、本来消費者として借金をした人のものであり、消費者は法律の世界で救済してもらう必要があります。法律事務所は、消費者の救済のために、窓口となってくれる事務所を探しやすいようにするため広告を出しています。ベリーベスト法律事務所が広告を出すのもこの理由が最大のものです。何度も聞いているうちに、電話番号を覚えて電話をしたら実際に過払い金を返してもらう手続きができた、という人も少なくありません。

とくに、日本ではアメリカのような訴訟社会とはいえない状況で、お金を返してもらいたい消費者にとって、弁護士や司法書士がより身近になることにCMが一役買っていた点は画期的といえる面がありました。このことはもう少し評価されてもよいでしょう。

新興勢力なので、知名度をあげたかった

ベリーベスト法律事務所は、今は多方面に専門性を持っている大手の事務所であり、弁護士数も約350名となっていますが、設立からはまだ12年です。知ってもらうことは事務所のために必要なことでもあった、と推測できます。

求人・採用へのプラスの影響もあった

多くの広告を打つことや、メディアへの露出を多くすると、通常は求人・採用にも好影響が出ます。多くの人を集めて採用するには、知名度をあげ、活発に活動していることを発信しなければ難しいと考えられます。10年と少しの間に弁護士を始め、外国法の弁護士資格を持つメンバー、パラリーガルも非常に多数の事務所になっていることから、プラスの影響があったことでしょう。

ベリーベスト法律事務所に依頼した人の評判は?

広告ではネガティブな口コミもありますが、実際にベリーベスト法律事務所を利用した人の評判は、必ずしも悪いものではありません。対応や結果についての口コミをご紹介します。

弁護士がすぐ対応してくれた

弁護士さんが出てくればまだマシな方で相談員の女性がずっとしゃべってるような法律事務所とか結構ありました。(中略)その点、ベリーベストはすぐに弁護士に代わってくれたので合格。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373341388?__ysp=44OZ44Oq44O844OZ44K544OI

相談の早い段階で弁護士が出てきちんと対応しているようです。

やや事務的

電話だけで話が終り書類を後日送るので送り返して終わりのようです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1280010272

弁護士は債務整理がある場合は面談する義務があるので(日弁連「債務整理事件処理の規律を定める規程」)、もし完済していないならこのあと面談が続くはずではあります。この場合、対応が事務的すぎとの印象が残ったようです。大手では仕方がない面があるようですが、疑問に思った点はしっかり聞いておくことをおすすめします。

結果もよかった

折り返しの電話もくれなかったり、ろくに話も聞いてくれない事務所もあったけど、ベリーベストはきちんとしてくれた気がしますね。

ちなみに先月、利息付で全額回収に成功しました。ということで、私は悪くないなと思っていますが。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1373341388?__ysp=44OZ44Oq44O844OZ44K544OI

対応がよくても、結果過払い金が返ってこないのでは意味がありません。この口コミの場合、対応と結果と双方に満足ができたようです。

過払い金請求するなら実績のある司法書士がおすすめ

過払い金を請求するのであれば、どういったところにお願いするのがいいのでしょうか。多くの企業があるため、迷ってしまいますよね。

結論、過払い金請求は実績のある司法書士を選ぶのが理想です。ここでは、2つのポイントをご紹介します。

過払い金に特化した事務所や司法書士のほうが安心

過払い金請求をするなら、過払い金請求に特化した事務所がおすすめです。特化した事務所は、基本的に回収金額や解決案件数の実績が豊富な事務所であることがほとんどです。

利用する安心感も違いますし、過払い金を回収できる確率も上がるでしょう。それに、トラブルに巻き込まれるリスクも減らすことができます。

着手金が無料の事務所

過払い金請求をして、もしも過払い金がなかった場合に損をするのは嫌ですよね。

よって、相談料、着手金、調査などを無料で行っている事務所がおすすめです。

事務所側も、利用者のリスクや負担を少なくするために、着手金や相談料、調査まで無料で行っていることが多いです。ただし事務所によって異なるので、依頼前には必ず確認しましょう。

司法書士事務所 中央事務所

司法書士法人中央事務所

中央事務所は、上に挙げた「過払い金に特化している事務所」と「着手金が無料」の2つの特徴を満たしています。

加えて、実際に多くの人が利用し、問題なく過払い金請求ができている事務所なのでおすすめです。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

記事まとめ

口コミでうざい、と言われたベリーベスト法律事務所の広告は、回数が多すぎる面や、やや消費者をあおるような表現はあったものの、過払い金の請求を消費者に身近にし、返金をしてもらいやすい環境を作ったよい面もあります。

実際の対応についても、ポジティブな評価も見られており、過払い金や、債務整理について相談したい場合の選択肢として利用できる事務所の1つと考えてよいでしょう。