過払い金請求はやめたほうがいい理由をご紹介!

過払い金請求はやめたほうがいい理由をご紹介! 過払い金の知識

過払い金は民法で取り戻す権利が認められている「借金の返済時に払い過ぎた利息」のことです。もともとも自分のお金なのですから、過払い金が発生しているなら取り戻したいと思うのは当然のことですよね。

しかし、インターネットで検索すると「過払い金請求はやめたほうがいい」「過払い金請求はリスクだらけ」といった内容も見受けられます。

今回は「過払い金請求はやめたほうがいい」といわれる理由やその対処方法などを詳しくご紹介していきます。

過払い金請求はやめたほうがいい?

結論から言うと、過払い金請求はやめたほうがいいということは絶対にありません。ただし人によっては「手続きするのにお金がかかるのはもったいない」「周囲の人にバレたくない」「弁護士や司法書士に騙されるかもしれない」といった理由から、過払い金請求をやめたほうがいいと判断していることもあるでしょう。

しかし過払い金請求は「もともと自分の物だったお金を取り返す」法律で認められた正当な権利です。自分の物を取り戻すのに、やめたほうがいいというのは理屈が通りませんよね。

過払い金請求はやめたほうがいい理由

過払い金請求を「やめたほうがいい」のには、どのような理由があるのでしょうか?

  • 後悔するから
  • 周りにバレるから
  • 弁護士や司法書士に騙されるから
  • 初期費用がかかるから

後悔するから

【質問】

過払い金があるかどうかを 複数の法律事務所に相談してもいいのでしょうか?

【回答】

自分で取引履歴を取り寄せる事が出来れば可能だと思います。

私がお願いした弁護士事務所は、履歴を持参すれば無料で計算してくれるそうです。今でしたらそういった事務所は沢山あると思います。

計算をお願いする際に、事務所の過払い金返還請求での方針や成功報酬を聞き、履歴から算出された金額などを見て判断されるのはとても良い事だと思います。(利息を含めた計算をしてくれない事務所もありますから。また、利息を含めた満額を返還してもらう為には訴訟無しではほぼ無理ですので、訴訟をメインとしている事務所がお勧めです。)

1度しか請求出来ない大切な自分のお金ですから後悔の無いようにしたいですよね。

私は1度司法書士事務所にお願いしましたが、方針が合わず、弁護士事務所に依頼しなおしました。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10158253760?__ysp=6YGO5omV44CA5LqL5YuZ5omA44CA5b6M5oKU

後悔先に立たずと言いますが、過払い金請求をして「違う事務所に依頼すればよかった」「あのとき裁判していれば、もっと過払い金が返ってきたのに!」と後から後悔する人がいるようです。

この回答者さんも最初の司法書士事務所と方針が合わずに、依頼をし直されています。目に飛び込んできた事務所にいきなり依頼するのではなく、事務所の対応や手続きの進め方の説明など確認してから自分に合った事務所を選ぶようにしましょう。

周りにバレるから

【質問】

過払い利息の返還請求をされた方にご質問です。

返還請求を弁護士や司法書士等にお願いした場合に家族にばれるという様な事はありますか?できれば知られたくありません。

どうか、お知恵を拝借願います。

【回答】

ばれるとすれば電話や郵便物からです。

あとは、借りた相手がヤミ金などやばい相手だと、そちらの方からのアクションでばれたりします。ばれる可能性も多少あるという覚悟はしておくべきです。

その上で、債務整理専門の弁護士や司法書士に相談し、「家族にはできる限り内緒ですすめたい」と話をすると、電話であれば携帯あてに、郵便物は個人名で、など配慮してくれます。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212221277?__ysp=6YGO5omV44CA44Gw44KM44KL

過払い金請求はお金の話なので、できたら家族や近所に知られたくないという方は多いです。弁護士や司法書士は守秘義務があるので、事務所がばらすことはまずありえませんし、郵便物や連絡先の配慮もしてくれますので心配いりません。

また事務所に依頼すると、貸金業者からの連絡や郵便物は全て代理人である弁護士や司法書士にいくことになります。よって依頼人に連絡がくることはほとんどないでしょう。

ごくまれに悪質業者が嫌がらせで自宅に連絡してくることがありますが、アコムやプロミス、セディナ、ジャックスなど、ある程度名前の通った貸金業者ならその可能性はないので安心してください。

弁護士や司法書士に騙されるから

【質問】

過払い金請求しましたが借金が残り、完済しましたが現在新しくローンが組めず、カードも作れません。

ならば過払い金請求ではなく、自己破産した方が得だったのでしょうか?過払い金請求の私のケースと自己破産のデメリットの違いが解りません。

【回答】

それは過払い金請求じゃなくて任意整理って言うんですよ。弁護士や司法書士が任意整理っていうより過払い金請求って言った方が客の食いつきがいいからそんな説明をしたんでしょうけど。過払い金請求っていうのは借金は残りませんからね。

信用情報がまっさらになるまであと5年はブラックなのでその間は我慢しましょう。信用情報がきれいになったらまずは学生や主婦でも作れるような審査の緩いクレジットカードを作って返済実績を作って行くことです。完全にまっさらな状態で大きなローンとか組もうとすると過去の事故を疑われて落とされますからね。なお自己破産の場合は最長10年間ブラックになるので、そっちが得だったかどうかは分かりません。借金の金額と生活の収支バランスによっては自己破産できない場合もありますしね。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14237535814?__ysp=6YGO5omV44GE6YeR44CA5Lu75oSP5pW055CG

「過払い金請求をしたのに借金が残った」「ブラックリストに載った」という声をお聞きすることがありますが、これらは全て過払い金請求ではなく任意整理を行ったからです。

たいていの事務所では依頼前の相談や任意整理をする前に「任意整理になる」ことを説明します。しかし依頼人が説明を取り違えていたり事務所側が説明不足だったりすると、「事務所に騙された」ということが起こるでしょう。

過払い金請求をするときは相談時に過払い金請求のリスクやデメリットまでしっかり説明する事務所を選んでください。

初期費用がかかるから

【質問】

過払い金返済手続きを弁護士さんに頼んだ場合費用は、どのくらいでしょうか?また、司法書士ではいけないんでしょうか?

【回答】

弁護士に依頼した場合の費用についてですが、着手金(仕事を始めるための費用)がおおよそ2万円。事務所によっては格安もありますが、引きなおしの手数料やら、訴訟になった場合の手数料やらが掛かったりしますので、注意を。

報酬としては、減額(借金が減った額)に対して10%程度、過払報酬は回収できた分の20%程度、そのほか、仕事が終わったということで、着手金と同額が掛かります。

訴訟に関しては、たいていの事務所さんでは、実費だけ取られるだけで、特に裁判になったら別途ということはありません。もちろん司法書士でも可能です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1442074229?__ysp=6YGO5omV44GE6YeR6L%2BU5riI5omL57aa44GN44KS5byB6K235aOr44GV44KT44Gr6aC844KT44Gg5aC05ZCI6LK755So44Gv

過払い金請求にかかる費用は依頼する事務所によって様々です。初期費用だけでも0~5万円と大きく幅があります。

過払い金請求を事務所に依頼したときにかかる費用を以下にまとめました。

費用の項目金額
相談料30分 5,000円
着手金20,000円/1社
基本報酬20,000円/1社
成功報酬(過払い金返還報酬)過払い金返還額の20~25%
解決報酬20,000円
減額報酬(借金が減らせた場合に発生)借金が減った額の10%
その他郵送料・裁判費用など実費
2022年9月時点

一方で完全成功報酬制の事務所もあります。完全成功報酬制の事務所の場合、過払い金が返還されたときに限り返還額に応じた報酬を支払うので、初期費用は一切かかりません。少しでもお得に過払い金請求をするなら、初期費用の一切かからない事務所に依頼するのが一番です。

過払い金請求実績の豊富な中央事務所

中央事務所とは、過払い金など借金問題に特化した司法書士事務所です。比較的新しい事務所ですが、テレビやラジオで聞くことが増え認知度が一気に高くなりました。過払い金や借金に特化しているため、初期費用や着手金、相談料が無料なほか、家族にもバレないようプライバシー管理は厳重です。

司法書士法人中央事務所

信頼のできる中央事務所を選ぶことで、余計な費用をかけずに過払い金を取り戻すことができるのです。また、電話一本で相談できる手軽さなので、利用しやすい点もメリットといえるでしょう。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

逆に過払い金請求をやめないほうがいい理由

過払い金請求を「やめないほうがいい」理由は、どのようなことがあるのでしょうか?

  • 1円でも戻ってくるならした方が得
  • 借金が減り、気持ちに余裕が生まれる
  • 期待し続けるより決着をつける

1円でも戻ってくるならした方が得

完済済みの場合、ブラックリストに載ることなく過払い金請求することができます。過払い金請求の対象にした貸金業者のクレジットカードが使えなかったり新たな借り入れできなくなったりする可能性はあります。しかし他社は問題なく利用できるので、さほど大きなリスクではないでしょう。

また着手金無料の事務所に依頼すれば、手元に多くのお金を取り戻せる可能性が高いです。

ほぼノーリスクで1円でもお金が戻ってくるのなら、過払い金請求はやめないほうがお得といえます。

借金が減り、気持ちに余裕が生まれる

過払い金請求をやめたほうがいい理由の中で、過払い金請求が任意整理に方針が変わることがあると説明しました。

返済中に過払い金請求をしようとしても、払い過ぎた利息よりも残った債務のほうが多いことがあります。この場合過払い金が返ってこないばかりではなく、残った債務は完済しなくてはいけません。さらにブラックリストに載ってしまうので、5年間は新しいカードやローンの契約ができなくなります。

しかし任意整理をすると、返さなくてはいけない債務は確実に減額されます。また月々の返済額が少なくなる可能性もあります。借金が減ると生活や気持ちに余裕が生まれ、将来の見通しもよくなりますよね。

期待し続けるより決着をつける

「過払い金があるかもしれない」「いくらあるのか気になる」そう思い続けながらずるずると過ごしていると、いつか過払い金は0円になります。

過払い金は最後の取引から10年経つと時効です。自分で完済年月日をはっきり覚えていれば諦めがつくかもしれませんが、曖昧だと時効なのかどうかもわからず気持ちに決着がつけづらいでしょう。

ところが専門家に依頼すれば、取引の時期が曖昧でも過払い金があるかどうか」はっきりさせることができます。

過払い金請求の条件

過払い金請求するには過払い金が発生していることが大前提です。事務所に相談する前に、自力でも確認可能な過払い金の条件をまとめました。

  • 2010年6月17日以前に借入をしていた

2007年までに借入をしていると、過払い金が発生している可能性がより高いです。

  • 借金が完済してから10年以内

2010年4月より民法が一部改正され時効に関して「過払い金が発生していると知ってから5年で時効」になることになりました。過払い金調査をすでに済ませている場合は請求手続きを急いだほうがいいでしょう。

  • クレジットカードのショッピング枠は対象外

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求の対象です。

  • 銀行カードローンに過払い金は発生しない

銀行のカードローンはもともと利息制限法に以下の低金利で貸し付けられているので、過払い金は発生しません。信用金庫や住宅ローン、自動車ローンも同様です。

  • お金を借りた貸金業者が倒産していない

貸付業者が倒産していると、過払い金を取り戻すことはできません。

判断が難しい場合は過払い金請求を諦める前に、一度専門家に相談してみるようにしましょう。

過払い金請求に失敗ないコツ

過払い金請求で失敗しないコツは「賢く事務所を選ぶ」ことです。

賢い事務所選びのポイントには、以下のようなものがあります。

  • 相談料・着手金などの初期費用が無料
  • 完全成功報酬制
  • 対応が丁寧
  • 費用体系を明確に説明してくれる
  • 相談時に過払い金請求のデメリットやリスクを説明してくれる
  • 過払い金請求を専門に行っている
  • 過払い金請求の実績が豊富

過払い金請求は自力ですることも可能です。しかし手続きに慣れていない素人が請求しても、貸金業者が相手にしてくれなかったり過払い金の返金額を少なくされたりといったリスクがあります。事務所に依頼すると費用がかかりますが、自力で行うよりも得するケースが多いようです。賢く事務所を選んで、少しでも多くの過払い金を取り戻しましょう。

過払い金請求するなら実績のある司法書士がおすすめ

過払い金を請求するのであれば、どういったところにお願いするのがいいのでしょうか。多くの企業があるため、迷ってしまいますよね。

結論、過払い金請求は実績のある司法書士を選ぶのが理想です。ここでは、2つのポイントをご紹介します。

過払い金に特化した事務所や司法書士のほうが安心

過払い金請求をするなら、過払い金請求に特化した事務所がおすすめです。特化した事務所は、基本的に回収金額や解決案件数の実績が豊富な事務所であることがほとんどです。

利用する安心感も違いますし、過払い金を回収できる確率も上がるでしょう。それに、トラブルに巻き込まれるリスクも減らすことができます。

着手金が無料の事務所

過払い金請求をして、もしも過払い金がなかった場合に損をするのは嫌ですよね。

よって、相談料、着手金、調査などを無料で行っている事務所がおすすめです。

事務所側も、利用者のリスクや負担を少なくするために、着手金や相談料、調査まで無料で行っていることが多いです。ただし事務所によって異なるので、依頼前には必ず確認しましょう。

司法書士事務所 中央事務所

司法書士法人中央事務所

中央事務所は、上に挙げた「過払い金に特化している事務所」と「着手金が無料」の2つの特徴を満たしています。

加えて、実際に多くの人が利用し、問題なく過払い金請求ができている事務所なのでおすすめです。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

記事まとめ

過払い金請求はやめたほうがいいということはありません。過払い金はもともと自分のお金なのですから、取り返して当然です。むしろ「過払い金があるか気になる」「完済した借金がある」なら、なるべく早く専門家に相談すべきです。