司法書士法人 中央事務所のチラシについて

過払い金ニュース

この記事では中央事務所のチラシの内容について紹介します。過払い金で有名な中央事務所はCMでご存じの方も多いかもしれませんが、新聞の折り込みチラシで知ったという方もいるかもしれません。CMの場合は、15秒や30秒といった短い時間になりますが、チラシは自分のペースで眺めることができます。なんとなく聞いたことがあるだけだった過払い金や中央事務所について、理解を深めるきっかけになった方も多いのではないでしょうか。

司法書士法人 中央事務所のチラシはこちら

実際の中央事務所のチラシには表面、裏面があります。画像でもお見せしますが、細かい内容までは画像ではよく見えない人のために文章でも説明します。それぞれ見ていきましょう。

チラシ表面の内容

中央事務所のチラシ表面

中央事務所のチラシの表面は、「現金が戻る可能性があります」という大きな文字と、電話番号、そして対象のクレジットカードと過払い金額の平均が載っています。

その電話番号にかけると5分で金額を調べてくれるそうです。「折り込みを見た」と伝えるとよりスムーズかもしれません。フリーダイヤルなので通話料金は無料です。「カードはなくしていても大丈夫です」とも書いてあります。

クレジットカードで主要なものとして12個の例が紹介されています。イオンカード、セゾンカード、アイフル、プロミス、ニコス、オリコ、アコム、セディナ、レイク、JCBカード、エポス、ジャックスです。その他にも60近くのクレジットカード例が載っています。一番下にはカードがなくても対象になる会社がいくつか紹介されています。

余談ですが、チラシの上部には「大切なお知らせです。捨てずにお読みください。」とあります。これは中央事務所のCMのピンポンパンポンというチャイムのような電子音や「重要なお知らせ」という文字を連想させますね。

チラシ裏面の内容

中央事務所のチラシ裏面

チラシの裏面では、主に過払い金が返還されるまでの流れを紹介しています。

<過払い金とは>
借金をした際に払いすぎていた利息のことを過払い金といい、これが法改正により返還請求できるようになりました。返還対象のクレジットカードは133社あり、平均過払い金発生額は123万円です。

<過払い金の対象について>
少額の方も対象(数万円の借入で45万円戻ってきたケースもあります)で、亡くなったご家族の過払い金も請求が可能です。

<過払い金が発生しているかの確認方法>
0120‐10‐10‐10に電話をして5分で無料診断できます。全国対応で、受付時間は7:00~24:00(年中無休)です。匿名も可能です。

<手続き>
簡単な手続きだけで、あとは中央事務所にお任せします。

<過払い金の返還>
過払い金が口座に振り込まれます。完全成功報酬制なので、もし過払い金が戻ってこなかった場合は、一切料金はかかりません。返ってきた金額から料金が引かれるので、料金が過払い金を上回ることもありません。つまり損をすることはないということです。家族や職場にも知られずに手続きできます。

中央事務所のチラシを見て電話すると何を聞かれる?

中央事務所のチラシを見て電話すると、現在の借入状況や返済状況などを聞かれる場合があります。中央事務所から聞かれる内容を知っておき、事前に準備しておけば電話での返答がスムーズになるでしょう。

電話する前に用意するもの

中央事務所へ電話する前に以下のものを用意しておくと、過払い金請求をスムーズに依頼しやすいです。

【事前に用意するもの】

  • 業者との取引内容(借入金額や借入期間など)
  • 本人確認書類のコピー(運転免許証・健康保険証など)
  • 印鑑
  • 銀行口座

契約書や利用明細書を紛失していても、過払い金請求は可能です。それは過払い金請求したい業者より今までの取引履歴を取り寄せられるからです。取引履歴が開示される関係上、借入金額や借入期間などの取引内容はおよそでかまいません。

本人確認書類のコピーや印鑑は、取引履歴開示請求書を送付するときに必要です。銀行口座は過払い金の振込先となります。

電話で聞かれること

中央事務所のチラシを見て電話すると、以下の内容を聞かれる可能性があります。

【電話で聞かれる主な内容】

  • 過払い金請求したい業者名
  • 借入金額はどのくらいあるのか
  • 借入期間はどのくらいなのか
  • 最後の取引がいつだったのか
  • 完済済みなのか、返済中なのか
  • 返済中の場合、毎月返済できているのか

たとえば業者へ完済済みの場合、以下のように返答します。

【返答の一例】

  • 過払い金請求したいのはA社
  • 借入金額はおよそ80万円
  • 借入期間はおよそ6年
  • 最後の取引はおよそ8年前
  • すでに完済済み

複数の業者へ過払い金請求したいときは、A社・B社・C社などとすべて返答するとよいでしょう。

電話でわかること

中央事務所のチラシを見て電話すると、過払い金請求の対象かどうかが分かります。過払い金請求の対象となるのは、以下に該当する方です。

【過払い金請求の対象となる方】

  • 2007年以前に借りていた方
  • 消費者金融会社・クレジットカード会社など貸金業者から借りている方
  • 最後の取引より10年経過していない方

上記3つすべて該当している方は、過払い金請求により払いすぎた利息分を取り戻せる可能性があります。しかし、すべての方で過払い金請求の対象となるわけではありません。

一般の方だと過払い金請求の対象かどうか、判断するのは難しい場合があるため、中央事務所のような専門家に調べてもらったほうがよいでしょう。

チラシを見て、中央事務所で過払い金請求をした人の口コミ・評判

次からは中央事務所のチラシを見て過払い金請求した人の口コミ・評判を4つご紹介します。中央事務所へ過払い金請求を依頼しても大丈夫なのか、気になるという方もご参考になさってください。

体験談①チラシを見て中央事務所に電話しました

以下は中央事務所のチラシを見て電話したといった内容の口コミです。

チラシ広告で中央事務所に過払い金請求の事です電話しました。オペレーターから10年以上前に完済したアコム、プロミスは返還はできないとの事、クレジット会社のキャッシングについては完済してるけど今現在カードを買い物とか、引き落とし等で使ってますが念のために調べてもらえるとの事で、司法書士さんと面談の日程を予約しました。

https://finance.yahoo.co.jp/money/experts/questions/q13242378188

10年以上前に完済している場合、すでに過払い金の時効が成立している可能性が高いです。時効成立後だと過払い金請求しても取り戻せない場合があります。

また、クレジットカードでの買い物は過払い金の対象外です。クレジットカードの場合、過払い金の発生はキャッシングと考えましょう。

その他、過払い金請求したクレジットカードは使えなくなる場合があります。公共料金などをクレジットカードで引き落とししている方は、他の支払い方法へ変更する、または他社のクレジットカードへの変更が必要です。

口コミにある通り、中央事務所への電話は時効が成立しているかどうか、クレジットカードでも過払い金の発生があるのか、過払い金請求したクレジットカードがどうなるのか知りたいときにも役立つでしょう。


体験談②電話したら100万円を超える過払い金が分かりました

以下は中央事務所の過払い金無料診断ダイヤルへ電話した人の口コミです。

私は、25年前、生活費のために丸井エポスカードとセゾンカードでキャッシングをしました。

過払い金の無料診断ダイヤルに電話をしたんです。
そしたら、なんと100万円を超える過払い金があったのです。
過払い金は、私のように「自分には関係ない」と思い込んでしまっている人が多いのではないでしょうか。過払い金の返金には時効があることなのに、勝手な思い込みから、みすみす100万円を捨ててしまうところでした。 あぶなかったです。

https://10-10-10.jp/voice/pt12.html?utm_source=shindan&utm_medium=organic

クレジットカードだと過払い金の発生はないと思い込んでいる方は多いでしょう。それは過払い金の発生は消費者金融のイメージが強いからと考えられます。クレジットカード会社へ過払い金請求しないうちに10年の時効が成立してしまうと、戻ってくるはずだった過払い金が無駄になりかねません。

中央事務所はエポスカードやセゾンカードはもちろんのこと、イオンカードやオリコカード、三井住友カードなど、さまざまなクレジットカードで過払い金請求の実績があります。

中央事務所のチラシにもクレジットカードで現金が戻る可能性といった記載がありますので、過去にキャッシングしていた方は無料診断を受けてみるとよいでしょう。


体験談③チラシが入っていたけど詐欺?

以下は中央事務所のチラシが入っていたけど詐欺ではないのかといった内容の口コミです。

よくある過払い金が戻ってきます。
というチラシが入ってました。
こちらの業者について分かれば教えてください。
悪徳業者や詐欺ではないですか?
過払い金、中央事務所、司法書士法人

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14204778514

中央事務所の代表司法書士は田中秀平氏です。

東京司法書士会公式HPで司法書士を検索したところ、中央事務所と田中秀平氏の名前*が出てきました。

また、東京司法書士会公式HPでは過去に懲戒処分を受けた司法書士も検索できます。東京司法書士会公式HPで懲戒処分を検索したところ、田中秀平氏は該当なし*という結果です。

信頼性の高い司法書士かどうか知りたいときに便利なのが、東京司法書士会公式HPの司法書士検索*です。

参考:https://www.tokyokai.jp/tokyokai/member.php

中央事務所では豊富な過払い金請求実績があるため、悪徳業者や詐欺の心配はないでしょう。


体験談④チラシが入っていたけど胡散臭い?

以下は中央事務所のチラシがポストに入っていたけど胡散臭いといった内容の口コミです。

ポストにチラシが入ってました。
電話番号は同じなのにここに記載されてる住所とチラシの住所は違ってました。
チラシの住所は東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル16階でした。
なんかやっぱり胡散臭いですね。

https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_708_090.html

中央事務所では以下の本支店を用意しています。

【中央事務所の本支店住所*】

東京本店東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル16階
名古屋支店愛知県名古屋市中区丸の内1-15-9 SUGAKICO第2ビル9階
大阪支店大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル10階
九州博多支店福岡県福岡市中央区天神2-14-2 福岡証券ビル6階

※参照:https://10-10-10.jp/office/?utm_source=shindan&utm_medium=organic

口コミを投稿した人のポストに入っていたチラシに記載されている住所と、中央事務所公式HPに記載されている東京本店の住所は同じです。口コミを投稿した人は中央事務所の住所について勘違いした可能性があります。

電話番号も住所も同じなため、中央事務所の本物のチラシだと考えてよいでしょう。住所に事務所を構えて営業しているため、中央事務所の信頼性は高いと考えられます。

チラシを見て、中央事務所で過払い金請求した人の体験談まとめ

中央事務所のチラシを見た人の体験談により以下のことが分かります。

【体験談から分かること】

  • 電話すると過払い金の有無を調査してもらえる
  • 消費者金融でもクレジットカードでも過払い金の有無が分かる
  • 本物のチラシなら詐欺ではない
  • チラシと公式HPの住所と電話番号は同じ

チラシには完全成功報酬制のため「過払い金が戻ってこなければ料金はいただきません」といった記載がありますので、事務所への費用が気になる方でも電話しやすいでしょう。

中央事務所とは

中央事務所のチラシにはない、さらに詳しい情報を紹介します。

中央事務所の概要

正式名称司法書士法人 中央事務所
所在地東京都(本店)、愛知県、大阪府、福岡県
代表者田中 秀平、福間 直也
事業内容不動産登記・商業登記
生前贈与対策(相続・遺言作成)
過払い金返還請求・債務整理手続き
家族信託スキーム作成 他
設立2017年4月
URLhttps://10-10-10.jp/

司法書士法人中央事務所は、2017年に設立して以来急成長を遂げている司法書士事務所です。従業員数が約600人の司法書士事務所の中ではかなり大規模です。本社は東京都新宿区にありますが、名古屋、大阪、福岡にも支店があり、全国の案件に対応しています。

中央事務所では過払い金に最も力を入れている一方、過払い金以外の債務整理(借金の整理)やほかの分野の案件も扱っています。例えば、過払い金を請求したいカードがまだ返済中の場合は、過払い金ではなく「任意整理」として扱われることもあります。任意整理とは、貸金業者と交渉して、借金の減額や将来の利息を減らすことです。他にも、裁判所を通して交渉を行う「個人再生」などもあります。それぞれ条件やメリット・デメリットが異なります。あれこれ悩んでしまう前に、まずは電話で相談するといいかもしれません。電話をしたからと言って、その事務所に依頼しないといけないというわけではありません。

以下ページでは、中央事務所の口コミを掲載しています。参考にしてみてください。
中央事務所の口コミ・評判

中央事務所のホームページ

より詳しく中央事務所について知りたい方は、ホームページをチェックしてください。チラシよりも遥かに詳しい情報がのっています。例えば、クレジットカード別のより詳しい情報や、逆に対象でない、過払い金を請求できない会社のリストもわかります。

また、過払い金が発生する仕組みや過払い金を実際に取り戻した人の体験談なども紹介されています。過払い金の返還には、和解するか裁判するかという2つの選択肢があります。手続きを進めていく中で決めることではありますが、事前に知っておいても損はありません。また実際に中央事務所で過払い金を取り戻した人の、実際の声を読むことで、身近に感じることもできます。

中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

過払い金請求するなら実績のある司法書士がおすすめ

過払い金を請求するのであれば、どういったところにお願いするのがいいのでしょうか。多くの企業があるため、迷ってしまいますよね。

結論、過払い金請求は実績のある司法書士を選ぶのが理想です。ここでは、2つのポイントをご紹介します。

過払い金に特化した事務所や司法書士のほうが安心

過払い金請求をするなら、過払い金請求に特化した事務所がおすすめです。特化した事務所は、基本的に回収金額や解決案件数の実績が豊富な事務所であることがほとんどです。

利用する安心感も違いますし、過払い金を回収できる確率も上がるでしょう。それに、トラブルに巻き込まれるリスクも減らすことができます。

着手金が無料の事務所

過払い金請求をして、もしも過払い金がなかった場合に損をするのは嫌ですよね。

よって、相談料、着手金、調査などを無料で行っている事務所がおすすめです。

事務所側も、利用者のリスクや負担を少なくするために、着手金や相談料、調査まで無料で行っていることが多いです。ただし事務所によって異なるので、依頼前には必ず確認しましょう。

司法書士事務所 中央事務所

司法書士法人中央事務所

中央事務所は、上に挙げた「過払い金に特化している事務所」と「着手金が無料」の2つの特徴を満たしています。

加えて、実際に多くの人が利用し、問題なく過払い金請求ができている事務所なのでおすすめです。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/

司法書士法人 中央事務所

まとめ

この記事では、中央事務所のチラシの内容について詳しく紹介しました。数万円の借入でもかなりの額が戻ってくる場合もあるので、心当たりのある方は電話をしてみて損はないのではないでしょうか?過払い金には、最後の取引から10年という時効があります。過払い金は仕組みが複雑で、もう少し理解してから相談しようと思っている方もいるかもしれません。しかし慎重になりすぎると、何ももらえずに終わる結果になることもあるので、注意が必要です。