ショッピングのリボ払いは債務整理で減額できる?

ショッピングのリボ払いは債務整理で減額できる? 債務整理の知識

ショッピングとは、クレジットカードで買物やサービスの利用代金を立替えてもらい、後で払うサービスのことです。支払いの種類には、1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、リボルビング払い、分割払いなどがあります。このうちのリボ払い(リボルビング払い)とは、一定金額ずつ返済するシステムで、利息の生じる方法です。

ちなみにショッピングとよく比べられる「キャッシング」は現金をお借入れできる枠のことを指します。

この記事では、ショッピングのリボ払いを債務整理で減額できるかどうかについて紹介していきます。

ショッピングリボを減額できる制度

ショッピングのリボ払いの債務整理を行う方法は「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」の3つありますが、このうち個人再生と自己破産はデメリットも多いので、条件にもよりますが債務金額が100万円以下の方には任意整理がおすすめです。

任意整理

任意整理とは、各種利息のカットや、過払い金の額に応じて借金を減額する手続きです。条件としては、3~5年間継続返済ができる収入があることと借金の返済計画を明確に示すことがあります。

裁判所を通さずに貸金業者と交渉を行う方法で、家や財産には影響がありません。手続きにかかる期間は2~4か月ほどで、短いのが特徴です。注意点は、完済するまで新規の借り入れができなくなることです。

個人再生・自己破産

個人再生は借金の総額を数分の1に圧縮する、自己破産は借金が免除される手続きです。両者とも裁判所を通して手続きがなされます。借金額が高すぎて任意整理では歯が立たない場合、収入が少なすぎる場合、過去に同じ金融機関で任意整理をしている場合などは個人再生や自己破産を選ぶことになります。

この2つの手続きは、保証人に一括請求がされる、家や財産が条件により残せるものと残せないものがあるというデメリットがあります。

債務整理の実績も豊富な中央事務所

中央事務所は、過払い金請求で有名ですが、過払い金だけでなく債務整理や借金問題も得意な司法書士事務所です。比較的新しい事務所ですが、テレビやラジオで聞くことが増え認知度が一気に高くなりました。債務整理に特化しているため、相談料が無料なほか、家族にもバレないようプライバシー管理は厳重です。

司法書士法人中央事務所

信頼のできる中央事務所を選ぶことで、余計な費用をかけずに過払い金を取り戻すことができるのです。また、電話一本で相談できる手軽さなので、利用しやすい点もメリットといえるでしょう。

▼中央事務所の債務整理について
https://10-10-10.jp/saimu04/about/

司法書士法人 中央事務所

ショッピングリボを減額する債務整理の具体的な方法

ショッピングのリボ払いを減額する債務整理には3種類ありますが、ここでは個人再生・自己破産は置いておき、任意整理する具体的な方法を紹介します。

ショッピングのリボ払いの任意整理では、 主に「将来利息」、「経過利息」(最後に返済した日から任意整理が成立した日までの利息)、「遅延損害金」(借金の返済が遅れたときに支払わなければならない賠償金)のカットにより減額します。

元本の減額

任意整理とは、各種利息のカットや、過払い金の額に応じて借金を減額する手続きです。 しかしショッピングでは過払い金が発生していないので基本的には元本の減額はありません。

ちなみに個人再生では元本を5分の1〜10分の1程度に減額し、自己破産では免除されます。

利息のカット

任意整理でカットしやすい利息は主に3つあり、「将来利息」、「経過利息」、「遅延損害金」の3つです。

「将来利息」とは任意整理の和解が成立した日から完済日までに発生する利息で、3~5年間適用されます。「経過利息」は最後に返済した日から任意整理が成立した日までの利息のことです。「遅延損害金」は借金の返済が遅れたときに支払わなければならない賠償金のことをいいます。多くの貸金業者が年利20%程度で定めていますが、この年利をカットしてもらうという方法です。

これらの利息をカットするだけでも大幅に返済が楽になる可能性も十分にあります。

減額ではないが支払い期限を遅らせる

ショッピングのリボ払いの債務整理では、通常3年(36回の分割払い)で返済できるような計画を立てます。基本的には3年ですが、より長い5年などの返済が認められることもあります。

債務整理の流れ

ショッピングのリボ払いの債務整理はまず専門家に相談し、「返済総額」と「毎月返済できる金額」に合わせて任意整理、個人再生、自己破産の中からどの手続きかを選びます。ここでは任意整理の3ステップを紹介します。

  1. 任意整理はまず、事務所と委任契約をします。契約後は、事務所が貸金業者に対して取引履歴の開示請求を行います。開示には一般的には2~3週間、長くて2,3か月かかります。
  2. 次に、専門家が取引履歴をもとに利息の引き直し計算を行い、正確な借金総額を確認します。それをもとに和解案作成し、業者に交渉を行います。
  3. 和解すれば、双方の間で合意書に調印します。そして新しい金額での支払いが開始します。

トータルでかかる期間は2~6か月ほどです。

ショッピングリボを債務整理で減額するメリット・デメリット

ショッピングのリボ払いを債務整理(任意整理)で減額するメリットには、「将来利息、遅延損害が免除されて支払金額が少なくなる」、「財産を手放す必要はない」、「一部の債権者だけ選んで整理できる」などがあります。

逆にデメリットは「信用情報機関(ブラックリスト)へ登録されること」、「元本を大きく減らすことは難しく、返済を続ける必要がある」、「交渉に応じてもらえない可能性がある」などです。

ショッピングの債務整理(任意整理)は、信用情報機関へ登録されるため5年程度は借り入れなどが通りにくくなるものの、無理のない範囲で支払いができるように調整する一番手軽な手続きであるということができます。

リボ払いの債務整理が失敗するケース

ショッピングのリボ払いの債務整理の個人再生・自己破産ができないケースというのは「債務額が小さい」、「財産が多い」などです。もちろん例外はありますが、債務額が100万円未満だったり、十分な財産を持っている場合には返済できるとみなされるため、これらの手続きは取れません。その場合は任意整理を選択することになります。

逆に任意整理が失敗するケースは2つほどあり、「貸金業者が任意整理に応じていない」場合と「和解案の返済回数が多すぎる」場合です。

任意整理自体を拒否する会社の場合

貸金業者は必ずしも任意整理に応じる義務はなく、断ることも可能です。貸金業者の中には、例えばその会社の経営自体が良くない場合など、任意整理に応じていない会社もあります。この場合の対処法としては、個人再生や自己破産で裁判所に申し立てを行うことが考えられます。

返済回数が多すぎる場合

任意整理は基本的に月に払える金額を36~60回で返済する計画を立てます。しかし月に払える額が少なかったり、債務額が多かったりして60回を超えてくると、貸金業者に断られる確率が高くなります。しかし必ず拒否されるわけではないので、まず交渉することも考えられます。他の対処法としては任意整理ではなく個人再生の手続きをとるなどがあります。

債務整理するなら実績のある司法書士がおすすめ

債務整理をするのであれば、どういったところにお願いするのがいいのでしょうか。多くの企業があるため、迷ってしまいますよね。

結論、債務整理は実績のある司法書士を選ぶのが理想です。ここでは、2つのポイントをご紹介します。

債務整理に特化した事務所や司法書士のほうが安心

債務整理をするなら、債務整理に特化した司法書士・弁護士事務所がおすすめです。特化した事務所は、基本的に借金問題の解決案件数の実績が豊富な事務所であることがほとんどです。

利用する安心感も違いますし、解決のスムーズさも違うでしょう。トラブルに巻き込まれるリスクも減らすことができます。

相談料が無料の事務所

司法書士事務所や弁護士事務所に行き、お金をかけて債務整理の相談をして、もしも借金減額に至らなかった場合に損をするのは嫌ですよね。

債務整理をするなら法律相談を無料で行っている事務所がおすすめです。

事務所側も、利用者のリスクや負担を少なくするために、相談は無料で行っていることが多いです。ただし事務所によって異なるので、依頼前には必ず確認しましょう。

司法書士事務所 中央事務所

司法書士法人中央事務所

中央事務所は、上に挙げた「債務整理に特化している事務所」と「相談が無料」の2つの特徴を満たしています。

加えて、実際に多くの人が利用し、問題なく債務整理ができている事務所なのでおすすめです。

▼中央事務所のホームページはこちら
https://10-10-10.jp/saimu04/about/

司法書士法人 中央事務所

記事まとめ

ショッピングのリボ払いの債務整理には、任意整理、個人再生、自己破産の3つがあり、債務額や返済できる金額によってどの手続きになるかは異なります。

個人の状況によっても異なってきます。ネットにある情報だけではわからないこともあるので、詳しいことは司法書士事務所や弁護士事務所に相談してみましょう。債務整理に関する相談は無料という事務所も多いので気軽に相談したほうが、早く解決できるでしょう。